スポンサーリンク

仮想通貨といえばビットコインをはじめとして、開発者や運営チームがよくわからないと思う人も多いのではないでしょうか。
しかし、仮想通貨とひとくちに言ってもアセットタイプという企業が発行しているものもあります。
今回ご紹介するネクスコインはまさにその1種で、株式会社ネクスグループが発行しているトークンです。
以下のセクションではネクスコインの詳細や買い方などについて、ご説明します。

ネクスコインが唯一買えるのはzaifだけ

zaifでお得にコインを購入したい方は下記からどうぞ。

ネクスコインってどんなコイン?

ネクスコインは株式会社ネクスグループが発行したトークンです。
金融型プラットフォームを提供しているカウンターパーティーというアルトコインを使って発行されました。
カウンターパーティはビットコインのブロックチェーンを消費していくことで、新しいコインを発行できるPoB(プルーフオブバーン)という仕組みを搭載した初めてのアルトコインです。

このシステムを使って世界中で新しい通貨が発行されており、日本でもザイフトークンなど企業が新しい通貨を発行されています。

その中でもネクスコインは金融庁が定めている仮想通貨一覧という、ホワイトリストに追加されたことで人気を集めています。
通貨の単位はNCXCで、2017年12月21日現在1NCXC=199円で取引されています。
発行上限は2000万NCXCで2016年11月末にネクスグループの株を持っている人の中で希望する人に、保有している株と同数のネクスコインが配布されました。
つまりネクスグループの株を100株持っていたら100NCXCが無料でもらえたのです。ちょっとビットコインと分裂コインの様子と似ていますね。
現在はロックアップされているため、発行ペースが決まっており発行上限が増えることはありません。

株式会社ネクスグループってどんな会社?

ネクスコインを発行する株式会社ネクスグループは、IT分野に強い会社でシステム・ロボット事業の他に次世代の農業であるICT農業を行っていることでも知られています。
2012年7月にフィスコのグループ会社となってからはインターネット旅行事業を開始して、介護事業も扱っていてあらゆるジャンルを手広く行っています。

近年ではグループを挙げてブロックチェーン技術を推進しており、今後仮想通貨取引も活発に行っていると見られています。
以外なところではモータースポーツを協賛していて、鈴鹿8耐・スーパーバイク世界選手権参加チームのスポンサーになったりもしています。

スポンサーリンク

何処の取引所で購入可能なコインなの?

現在ネクスコインはZaif取引所とフィスコに上場しています。
ザイフは国内でも大手の取引所として分類されており、取引量も活発で売買が成立しやすい点が人気を集めています。人気のアルトコインの他にトークンの販売もしており、ごく少額から投資できるので初心者にもおすすめです。
独自のサービスとしては仮想通貨を定期的に購入するコイン積立ができたり、運営元のテックビューロ社は日本でも初めてのICOを開催して結果的に109億円という多額の資金調達に成功しました。
経営母体が資金を得ることは、取引所のサービス拡充において大切な要素です。
このままどんどん取引が活発になればネクスコインも価格高騰が望めるかもしれません。

一方フィスコ取引所は、まだ新しい取引所なのでそれほど知名度や取引高は高くありません。
しかし、運営元の株式会社フィスコはジャスダックに上場している企業のため、経営が安定しているのはまだ不安定な取引所が多い中で大きなメリットだと言えるでしょう。
さらにフィスコ取引所は販売所・取引所両方が設置されているのもポイントです。
注文板での取引は手数料が低いのでコストが抑えられる一方で、マイナーなコインは売買が成立しにくいというデメリットがあります。
販売所は手数料が販売価格に含まれているため割高ではあるのですが、どんな通貨でもすぐに欲しい分だけ購入することができるので、ネクスコインのようなトークンでも使い分けができるのが嬉しいですよね。また、グループ会社の発行しているトークンということで、今後なんらかの面で優遇される可能性も多くあります。

やっぱりzaifで購入可能。草コイン扱いのコイン?

トークンの取引高が一番活発なのはザイフ取引所だといえます。
購入方法は、日本円建てとビットコイン建ての2種類から選ぶことができ、ログインしたトップページにある「BTC/JPY」というタブをクリックすれば、ザイフで取り扱っている通貨ペアを全部見ることができます。
通貨は主要通貨・先物・トークン・イベントと種類によって分けられているため、ネクスコインを購入するためには「トークン」のタブを選択して下までスクロールします。
「NCXC/JPY」「NCXC/BTC」の2種類から好きな方法を選んで、任意の数値と金額を入力して買い注文を出せばあとは売買が成立するのを待ちます。

トークンは市場規模がまだ少ないこともあり、草コインとして扱われることも多いですがネクスコインは1NCXCあたりの価格が100円を超えているのでそこまで少額で取引できるわけでもないでしょう。
しかしそれでもビットコインやイーサリアムなどと比べると断然安く買えるので、海外の取引所で草コインを買うのが抵抗あるという人には最適なコインではないでしょうか。

ネクスコインに実用性はある?

現時点ではネクスコインは株主優待として配布されたため、明確な使用意図や実用性はないとされています。しかし、あのビットコインでも実用化されるまで数年かかっているので別におかしいことではないかもしれません。
まだまだ投機目的としての金融商品としてしか認識されていない面もありますが、活発に取引して資金面が潤えばさらなるサービス拡大が望めるかもしれません。
ネクスグループは農業も行っているので、ネクスグループが管理する農場でとれた野菜とネクスコインが交換できるようになるかもしれませんね。

ネクスコインのチャートを見た今後の将来性と価格を予想

ネクスコインは2017年12月に入ってかなり価格が上がっています。11月の時点で1NCXC=100円前後だったことを考えると200%という倍率で成長しています。
投資家が少ないからという点もあるかもしれませんが、短期間での乱高下をするというタイプのコインではないため中長期保有をしたい人におすすめです。

スポンサーリンク

仮想通貨女子

下記で紹介している取引所は全て無料で登録出来ます。
もちろん全て私が使用している取引所のみを紹介してます。


手数料の安いビットバンク(無料)


リップルの手数料のキャンペーン中手数料の安い取引所ならビットバンク

ビットバンクは仮想通貨の上場も多く、手数料も安い取引所です
たった1分で登録完了手数料を安く仮想通貨売買をが多い方におすすめの取引所です


bitbank


ビットバンクの口座開設方法と登録方法について大解説

FX手数料の安い取引所GMOコイン(無料)


FX取引をするならスプレッド手数料の安いGMOコインにしましょう。

GMOコインはFXのチャートが見やすいのも特徴で、アプリが使用しやすいです。
たった1分で登録完了スマホでFX仮想通貨売買をが多い方におすすめの取引所です



仮想通貨販売所でFXをやるならGMOコインがおすすめ

海外の仮想通貨なら日本語対応のあるbinance(無料)


binance
海外の仮想通貨取引所は日本語サポートも行っているbinanceにしましょう

binanceであれば日本にはない仮想通貨も購入する事が出来ます
たった1分で登録完了し、海外の仮想通貨売買をしたい方はbinance



中国の仮想通貨取引所 Binance (バイナンス)の口座開設方法とと登録方法を解説

海外仮想通貨のFXはbitmex(無料)


bitmex
BITMEXはハイレバで仮想通貨FXが出来る仮想通貨取引所です

追証なしでハイレバFXが可能な事が魅力です
たった1分で登録完了し、追証なしの安全な海外FXを楽しみたい方はBITMEX



bitmexの登録方法と使い方。レバレッジかけられるけど追証はなし!