スポンサーリンク

アップコインズ
最近は新しい通貨がたくさん誕生するので、情報を追いかけるだけでも大変ですよね。
生まれたばかりのコインはどれも同じように見えるかもしれませんが、十把一からげにするのはもったいない!
この記事では個人的におすすめの「APPCOINSアップコインズ」について解説していきたいと思います。

appcことアップコインズってどんなコインなの?

そもそもアップコインズとはどのようなコインなのでしょうか?
Appcoinsという文字からも分かるように、アプリケーションに関するプラットフォームです。
2017年12月にリリースされたばかりの新しいコインです。
2018年2月現在では91円前後で取引されることが多く、時価総額ランキングではそこまで高くないのですが新興コインの中では特に注目を集めている印象です。

現在、スマホのOSはアンドロイドかiOSの2択状態となっています。
この記事をご覧の人も、このどちらかの機種から読んでらっしゃると思います。

ということはつまりスマホでアプリを利用する時も大半の人がgoogle playかAppStoreからダウンロードしていることになりますね。

どちらのデベロッパーにせよアプリを利用している中で、不便に思うことが出てくると思います。
なんでこのアプリこんなに広告がじゃまなの?とか、どうしてあの良かったアプリが配信停止で使いづらくて機能も劣るこれがいいの?などなど。

開発する側からしても、前はこれでよかったのに告知なく基準が厳しくなってる事や、ルールを遵守しているのにも関わらず審査が通らない…などのトラブルに見舞われることも珍しくありません。
また審査や競争が激しいため収益を得ることができるのが、大手企業のリリースするものばかり…など個人が参入することは難しく、多様性に乏しいのが現状です。

私たちには審査基準が分からず、不透明な部分があると感じてしまいます。
元々審査を行う企業がこの2社だけという点で公平性があるとは言えない状況になっていると思います。

そんな状況を改善するためにAppCoinsが開発されました。
トークンの概要は以下の通りです。

APPCoinのプラットフォームを使えば、デベロッパーを介さずに透明性が高く自由な取引を行うことが可能です。
仲介業者が存在すると、企業の広告とユーザーからの支払いアプリ開発者の審査などがデベロッパーに集中することになりサイクルとしてはあまりスムーズとはいえないかもしれません。
そこでイーサリアムのブロックチェーンとスマートコントラクトシステムを利用すれば、企業とユーザーとアプリ開発者が直接つながることができるので、無駄のない効率的な取引が可能になります。

アップコインズは何処の取引所で購入する事が出来るの?

現在、アップコインズが上場している取引所は以下の通りです。

  • ・Binance(バイナンス)

2017年7月に中国にできたばかりの仮想通貨取引所です。
取引手数料が0.1%(オリジナルトークンのBNBを使うと0.05%)と安いだけでなく、
・取り扱いコインが多く有名な銘柄から草コインまで利用可能
・ハードフォークの分裂コインをいち早く配布
などの点から人気を集め世界中からユーザーが集まっており、なんと最高で1日25万人もの登録希望者があつまったほどなんだとか。
2017年12月にはツイッターの公式アカウントで「We support every Fork(わが社はすべての分裂コインを扱います)」と発言しています。

以前は日本語表記で利用できたのですが、現在は残念ながら日本の金融庁から通告があったようで英語か中国語のみの利用となっています。
あまりに人気のため、1日に登録できる数に制限を設けている場合もあります。
もし登録できなかったら次の日に登録しなおすのがいいですね。

アップコインズの場合、約9割がバイナンスで取引されているので板の層が厚いのもおすすめポイントです。

中国の仮想通貨取引所Binance (バイナンス)の口座開設方法と登録方法

  • ・Huobi(フオビー)

中国3大取引所のひとつで上海に本拠地を置くHuobiです。
最近では香港を拠点に移したHuobi proをオープンさせたり、オリジナルトークンのHTを販売して1秒で売り切れるなど最近でもたくさんの話題を振りまいています。

フオビーの特徴としてはセキュリティが厳重なためあらゆるリスクヘッジが利用できるのも、ハッキング問題が相次ぐ昨今で人気を集めています。
最近では海外向けに

この二つに加えて公式サイトではlykkeというモバイルウォレットにも対応していまるということも分かります。

スポンサーリンク

アップコインズを買う時に一番手数料の安い取引所

現段階では2つの取引所だけでしか買えないアップズコインですが、その中でも個人的におすすめなのがBinance(バイナンス)です。
先ほども軽く触れたように取引手数料が0.05~0.1%と安いこと、層の厚い充実した取引ができることなどが主な理由です。

ではこの項ではバイナンスでアップコインズを購入する場合の流れを確認していきたいとおもいます。

  • 1.まずはバイナンスに登録

公式サイトの中央部分に表示されている「Creat Account」か、右上あたりにある「Register」という文字をクリックすると、アカウント登録画面に切り替わります。
そこでメールアドレス・パスワードを入力して間違いがなければ「I agree to Binance’s Terms of use (バイナンスの規約に同意する)」にチェックを入れて「Register」を押します。

以上でアカウント登録は完了です。

  • 2.仮想通貨を送金する

アカウント登録が終わったら「Funds」メニュー→「Deposits Withdrawals(入出金)」メニューをクリックしてビットコインかイーサリアムの送金先のウォレットアドレスを表示しましょう。
ここではもっとも取引量が多いビットコインを例に説明しますが、送金スピードの速いイーサリアムも人気ですし基本操作は同じです!

BTCのDeposits(入金)ボタンを押すと預け入れ用のアドレスが表示されますので、国内の取引所のアカウントから任意の量のビットコインを送金してください。
ラベルを入力する欄があると思いますが、こちらは任意なので入力してもしなくてもどちらでも大丈夫です。
反映には時間がかかる場合もあるので、早めに送っておくといいでしょう。

  • 3.購入する

バイナンスのアカウントにビットコインが反映されたら実際にアップコインズを購入してみましょう。
トップの画面のMarketメニューの検索窓にAPPCを入力して検索し、「APPC/BTC」をクリックすると、取引画面に切り替わります。そのまま下にスクロールすれば購入画面が表示されます。

数量を入力して間違いがなければ「buy APPC」をクリックして購入手続きは完了します。

履歴を確認したい場合はメニューバーの「Olders」を選択すればいつでも注文履歴が確認できますよ。

アップコインズは日本の取引所で買えない!

現在アップコインズが購入できるのは中国のバイナンスとフオビーだけです。
そのため国内の取引所を利用して日本円で直接アップコインズを購入することはできません。

しかし海外の取引所は日本円入金に対応していないので、どちらにせよ国内の取引所のアカウントを作っておく必要があります。
現在仮想通貨取引を行いたい人が増えているので、本人確認に時間がかかるケースも増加傾向にあります。

そのため、早く取引をしたい場合は余裕を持って早く登録を済ませておくことをおすすめします。

アップコインズは今後日本で取り扱いされる予定があるコインなのでしょうか?
公式サイトは日本語表示があったので、可能性はそれなりにあると思いますが将来的な展開図に日本がなかったのでもしかしたら優先度はそれほど高くないかもしれません。

さらに日本で上場するのを阻んでいる大きな壁といえば金融庁による規制です。
日本の仮想通貨取引所は政府および公的機関の管轄におかれているため扱えるコインの種類が少ないんです。
コインチェックの件で金融庁はさらに規制を厳しくする意向を示しており、今後もしばらくはこの状況が続きそうです。

アルトコインや草コイン取引をしたい人にはちょっと不便な形が続きますが、全面禁止にならないだけマシということなのでしょうか。。。

アップコインズはこれからも値段が上がる可能性のあるコイン?

そんなアップコインズは将来性のあるコインなのでしょうか?
正直仲介を必要としないアプリ配信プラットフォームは過去にいくつか登場しているため、アップコインズの試みが特別新しいというわけではありません。

しかし個人的には今後さらに伸びていくと思います。

なぜかというと「運営陣の人材がかなり優秀」だからです。
アドバイザーを勤める人は、ビットコイン・リップル・イーサリアムなど有名な通貨の開発・運営に携わった経験のあるひとや、Google playやゴールドマンサックスで業界にコネを持っている人が多く参加しているからです。

また、もっとも大きなandroidアプリストアのひとつであるAptoideと提携しているため市場が確保されており実用面でも期待できるという点もあります。
3月まにはAptoideにデモ版のプラットドームをリリースする予定なので、近いうちに多少なりとも値段は上がるだろうなぁというのが個人的な感想です。

スマホ普及率は世界的に爆発的な伸びを見せているため、2018年、もしかしたらアップコインズが急成長を見せるかもしれませんよ。
今年の終わりごろにはアプリ配信サービスの様相が大きく様変わりしていたりして・・・、想像はつきませんね。

スポンサーリンク

仮想通貨女子

下記で紹介している取引所は全て無料で登録出来ます。
もちろん全て私が使用している取引所のみを紹介してます。


手数料の安いビットバンク(無料)


リップルの手数料のキャンペーン中手数料の安い取引所ならビットバンク

ビットバンクは仮想通貨の上場も多く、手数料も安い取引所です
たった1分で登録完了手数料を安く仮想通貨売買をが多い方におすすめの取引所です


bitbank


ビットバンクの口座開設方法と登録方法について大解説

FX手数料の安い取引所GMOコイン(無料)


FX取引をするならスプレッド手数料の安いGMOコインにしましょう。

GMOコインはFXのチャートが見やすいのも特徴で、アプリが使用しやすいです。
たった1分で登録完了スマホでFX仮想通貨売買をが多い方におすすめの取引所です



仮想通貨販売所でFXをやるならGMOコインがおすすめ

手数料の安いの取引所はこちら(無料)


手数料の少ない取引所はzaif

手数料がもっとも安い上、モナコイン、トークンなどがあります。
たった1分で登録完了し、ビットコインやトークンの売買したい方はzaifにお任せ
手数料の安い取引所を使用するならzaif

登録は下記のバナーから1分で行えます




zaifザイフの登録方法と手数料!メリットとデメリット

海外の仮想通貨なら日本語対応のあるbinance(無料)


binance
海外の仮想通貨取引所は日本語サポートも行っているbinanceにしましょう

binanceであれば日本にはない仮想通貨も購入する事が出来ます
たった1分で登録完了し、海外の仮想通貨売買をしたい方はbinance



中国の仮想通貨取引所 Binance (バイナンス)の口座開設方法とと登録方法を解説

海外仮想通貨のFXはbitmex(無料)


bitmex
BITMEXはハイレバで仮想通貨FXが出来る仮想通貨取引所です

追証なしでハイレバFXが可能な事が魅力です
たった1分で登録完了し、追証なしの安全な海外FXを楽しみたい方はBITMEX



bitmexの登録方法と使い方。レバレッジかけられるけど追証はなし!

話題の海外コインならHUObiにお任せ(無料)


huobi
海外の仮想通貨取引所はhuobinajcoinも扱ってます

日本人も問題なく利用出来、分かりやすいのが特徴。
たった1分で登録完了し、中国で人気のコイン売買をしたい方はhuobi



huobiの登録方法と使い方。日本語版のメリットとデメリット

安全補償のあるビットフライヤー(無料)


安全保障がある取引所はビットフライヤーにお任せ

ビットフライヤーならFXも可能。
たった1分で登録完了し、ビットコインのFX売買したい方はビットフライヤ―にお任せ

ビットフライヤーへの登録は以下からどうぞ

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤー取引所の評判!手数料が高いのがデメリット