スポンサーリンク

ハードフォークってそもそも何?

まずは本題に入る前に、ハードフォークとはそもそも何なのかについて、軽く解説しておきます。
仮想通貨を成り立たせているのは、ブロックチェーンと呼ばれる連続性のある数列であり、互換性のあるソフトフォークと異なり、システムの大幅なメジャーチェンジのことをハードフォークと呼びます。
わかりやすく、家庭用ゲーム機を例に挙げて説明すると、購入したソフトに互換性があるためそのまま使えるが、性能の低い本体ハードは無用の長物となる、「プレステ―ション1→プレステション2」へのアップグレードがソフトフォーク。
一方、ソフトが使い物にならなくなるため本体ハードの必要性は残る、「スーパーファミコン→プレステーション」への変化が、ハードフォークとなります。

ハードフォークの影響とは

ハードフォークが行われると、事実上旧システムと新システムの2本立てになるため、一般論ではありますが、どの仮想通貨でも価格の乱高下が起きる、少々リスキーな市場傾向を見せてしまいます。

ビットコインキャッシュもなんとハードフォークされた?

さてここからが当記事の本題、2017年8月に行われたビットコインのハードフォークによって誕生した、ビットコインキャッシュ(以下文中BCH)が、なんと早くもハードフォークされました。
そこでここからは、BCHにハードフォークがなされた時期と、その後どのような影響が出ているのかについて、徹底リサーチしていきたいと思います。

今回のBCHハードフォークへの市場評価は今のところ好意的

私が最新情報を調査したところ、BCHのハードフォークは去る2017年11月14日夕刻開始されすでに終了しており、一時的に乱高下していた価格も、執筆現在はかなり落ち着いてきています。

ビットコインキャッシュロゴ

内容としては、ビットコインのハードフォークの際行われた、「銘柄としての分裂」ではないようです。
ハードとして新しい銘柄を誕生させるのではなく、「EDA」というマイニング(新規発行、採掘とも呼ばれる)の難易度調整に関するアルゴリズムを、「DAA」というものに変更するのがその目的でした。

ビットコインキャッシュでハードフォークされたコインは値段がつく?

BCHは、そのブロックサイズがビットコインと比べて大きく、送金スピードが速いのが魅力。
ですが、何しろ昨年8月に誕生したばかりで知名度が低く、マイニング進まないこともあったそうですが、今回のハードフォークによりマイニングするユーザーも増加傾向にあり、それに合わせて価格が急上昇しました。
事実、以下で示したチャートの通り、
ビットコインキャッシュチャート

スポンサーリンク

※Zaif取引チャートより

年末の水準からは下落しましたが、ハードフォークがなされる前の7~8万円台より、ハードフォークを挟んで現在の方が、28万円台という3,5倍近い高値で取引が展開されています。
なお、11月中旬の急上昇は、ビットコインのハードフォーク中断の影響もあるとみられます。

BDHのハードフォークコインが付与される取引所。binance がおすすめ

今回のハードフォークに対応している取引所の中で、私が利用をおすすめするのは、2017年8月の分裂前に、1ビットコインを所有していれば自動的にBCHも1コイン付与された、binance(バイナンス)でしょう。
ビットコインキャッシュバイナンスチャート

※バイナンス公式HPより

上記チャート画面をご覧いただければわかる通り、なぜかBCHではなく「BCC」と表記されており、ビットコイン(BTC)立てでの取引に絞られます。
中国の取引所ながら日本語にも対応しており、何と言っても手数料が0,1%(BNBトークンでの支払いなら差に半額!)と、2~3%が相場である日本の取引所より、格段に安いのがおすすめポイントです。
また、執筆現在での取り扱い仮想通貨の銘柄数は、約86銘柄とおそらく世界トップクラスで、ビットコインやイーサリアムなどの有名どころだけでなく、名前も知らないようなマイナーコインもズラリとそろっています。
登録だけなら完全無料であり、メールアドレスだけでOKですので、仮想通貨の世界に足を踏み入れる際は登録だけでもして、気になっている仮想通貨のチャートチェックをしてみてください。

ハードフォークが続くとビットコインキャッシュの価格が下がる可能性がある?

最後に、今後もBCHがハードフォークを行ってくる可能性と、その影響について解説しておきましょう。
2017年11月になされたBCHのハードフォークでは、ここまで述べた通りシステムのアップグレードにとどまった「ビックマイナーチェンジ」で、先程チャートで値動きを紹介した通り、今のところ成功したと言えます。
しかし、ハードフォークは今後も起こってくる可能性はあり、そのたびに価格が上昇すると限ったことではありません。
また、今回のBCHハードフォークより大掛かりな、仮想通貨としての分裂が起きた場合、一方にユーザーが偏り取引が荒れてしまうことも考えられます。
現在乱発されているハードフォークは、その噂だけでもなされる銘柄だけでなく、他の銘柄の取引状況に影響が出ます。
ですので、目と耳を凝らして情報をいち早く入手し、短期間での価格乱高下に惑わされないようにしないと、リスキーな「投機」になって大きな損失を被る恐れもあると、私は考えています。

スポンサーリンク

仮想通貨女子

下記で紹介している取引所は全て無料で登録出来ます。
もちろん全て私が使用している取引所のみを紹介してます。


手数料の安いビットバンク(無料)


リップルの手数料のキャンペーン中手数料の安い取引所ならビットバンク

ビットバンクは仮想通貨の上場も多く、手数料も安い取引所です
たった1分で登録完了手数料を安く仮想通貨売買をが多い方におすすめの取引所です


bitbank


ビットバンクの口座開設方法と登録方法について大解説

FX手数料の安い取引所GMOコイン(無料)


FX取引をするならスプレッド手数料の安いGMOコインにしましょう。

GMOコインはFXのチャートが見やすいのも特徴で、アプリが使用しやすいです。
たった1分で登録完了スマホでFX仮想通貨売買をが多い方におすすめの取引所です



仮想通貨販売所でFXをやるならGMOコインがおすすめ

海外の仮想通貨なら日本語対応のあるbinance(無料)


binance
海外の仮想通貨取引所は日本語サポートも行っているbinanceにしましょう

binanceであれば日本にはない仮想通貨も購入する事が出来ます
たった1分で登録完了し、海外の仮想通貨売買をしたい方はbinance



中国の仮想通貨取引所 Binance (バイナンス)の口座開設方法とと登録方法を解説

海外仮想通貨のFXはbitmex(無料)


bitmex
BITMEXはハイレバで仮想通貨FXが出来る仮想通貨取引所です

追証なしでハイレバFXが可能な事が魅力です
たった1分で登録完了し、追証なしの安全な海外FXを楽しみたい方はBITMEX



bitmexの登録方法と使い方。レバレッジかけられるけど追証はなし!