スポンサーリンク

豊富な取り扱い通貨と、充実したサービスで人気の中国の仮想通貨取引所のBinance(バイナンス)。
実はバイナンスは自社オリジナルのトークンを発行しているんです。
お得な機能もあったり、きちんと投機的な側面もあることから人気を集めているんです。
それでは、BNBトークンの詳細を細かく解説していきたいと思います!

Binancecoinとは?

Binance(バイナンス)は中国に本拠地を構える仮想通貨取引所です。
2017年にオープンしたばかりの比較的新しい取引所なのですが、現在では世界的な人気を集めておりマーケットにおいて多くのシェアを獲得しています。

さらに2018年には、東京にもオフィスを構えたことが公式twitterの投稿から明らかになりました。
近いうちに日本進出すると見られており、より国内での人気が加速しそうですよね。
日本円で入出金できるようになれば、格段に便利になるのは間違いありません。

そんなバイナンスは自社でオリジナルのトークンを発行していることでも有名です。

トークンの単位はBNBと表します。

2018年1月中旬現在、1BNB=1,818円で取引されています。
取引所が発行したトークンとしてはとても高値で売買されている印象がありますね。

発行上限は2億BNBに定められており、イーサリアムのブロックチェーンをベースに開発されたERC20トークンの内のひとつです。
現在は使用規模が限られているような印象がありますが、イーサリアムベースということでスマートコントラクトを利用できる可能性も大きくあります。
さらにERC20トークン同士ではデータ管理が一元的に管理できるなど、将来的な実用性も兼ね備えていることから投資家から期待値が高まっている存在です。

BNBとはいわゆるトークンの事。考え方的にはzaifトークンと同じと考えていいの?

Binancecoin(BNBトークン)はアルトコインとは違い、既存の通貨のブロックチェーンを利用して開発されたオリジナルトークンです。

取引所がトークンを発行するケースら特段珍しいことではなく、日本でもzaif取引所がオリジナルのトークンを発行していることでも有名です。

Zaifトークンは現在zaif取引所のチャット内で投げ銭として使えたり、テックビューロ社の開催するICO案件に利用できたり、COMSAをzaifトークンで購入できたりします。

将来的には取引所内での利用も拡大されると見られていますが、まだ試験的な段階で使われているため広く使われるとはとても言えません。
一方でBNBトークンは様々な使用方法が利用できます。
それは次の項から詳しく説明いたしますが、zaifトークンとBNBトークンはよく似た経緯で誕生した一方で、使用規模と用途が格段に違うことがわかります。

とはいえZaifトークンが劣っているということではなく、BNBトークンが他より突出して成功していると言えるでしょう。

Binancecoinを使用するとどんなメリットがある?

バイナンスコインを利用するにあたってどんな利点が最初に思いつくかというと、取引手数料が割安になるというポイントがあります。

元々バイナンスは他の取引所と比較して取引にかかる手数料が低く設定されています。
コインの現物取引にかかる手数料は0.1%となっており、ビットレックスの0.25%の半分以下で利用できるんです。

それに加えてバイナンスコインを利用した場合だと、さらに半額の0.05%に割引されます。
これは日本国内の取引所と比較しても格安な上に、日本では取引できないアルトコインや草コインが売買できるのでバイナンスを利用する人の多くがこのバイナンスコインも購入しているようです。

また、バイナンスの人気がどんどん上がっていくため単純に投機目的としてバイナンスコインに投資している人も決して少なくありません。
binance切りかえボタン
バイナンスコインで取引を行う場合の設定も簡単で、ログインした後のトップ画面の右上にある「ユーザーセンター」あるいは、チャートのしたにある「設定」ページからすぐにBNBトークン支払いに切り替えることができますよ。

ベーシックとアドバンスの違いとは?

ところでバイナンスには取引画面に種類があると知っていますか?
「ベーシック」「アドバンス」の2種類があり、多様なニーズに応えられるようになっています。

とても親切だなぁと感じますが、バイナンスは手数料が安くて通貨の種類もたくさんあるので、初心者から上級者まで幅広いユーザーが世界中から集まることを考えると様々な要望が寄せられているのでしょうね。

海外の取引所は結構サービスに制限があるところも多いので、バイナンスのようにユーザーのために複数の取引画面を用意しているのは珍しいことかもしれませんね。

トップページのチャートが表示されている左上に「ベーシック/アドバンス」と表示されているところがあるので1クリックで簡単に設定することができます。

投資の経験で分けられるだけでなく、どんな人でもその時の気分や相場の動きに合わせて取引画面を切り替えられるのでとても便利なんですよ。

次のセクションからは、それぞれの取引画面の特徴とメリットを合わせて解説いたします。

ベーシックの使用方法

binancebasic
まずベーシックの取引画面の特徴ですが、シンプルで使いやすいため感覚的な取引が可能だという点です。

ベーシックバージョンで取引する場合には、一つの画面で

・チャート
・売り注文板
・買い注文板
・取引可能な通貨
・売買履歴
・売買それぞれの注文入力フォーム

が表示されています。
そのため取引に必要な情報がひとつの画面で全部知る事ができるんです。
通貨を買いたい時や売りたい時は、画面中央下部にある注文入力を行うフォームに買いたいコインの金額や数量を入力して、数字に間違いがなければ「購入〇〇(通貨の単位)」「売却〇〇ボタンをクリックすれば注文を出したことになります。
難しい設定や、細かいオーダーをだす必要もないので初めて仮想通貨取引を行う人もすぐ慣れることができるのではないでしょうか?

初心者以外でもテクニカル分析をしない人や、すぐにその通貨を欲しい人にも使いやすい売買方法であると思います。

アドバンスの使用方法

その一方でアドバンス取引は、もう少し細かい設定が可能です。
基本的なスペックはベーシックとあまり変わらないので、上級者に限らず細かい取引をしてみたいなーという程度の人でも使いやすいのではないでしょうか。

ベーシックが白が基調なのと反してアドバンスは背景が黒なので、いかにも少しレベルが高い取引ができそうという印象です。

売り板・買い板・注文画面が表示されるのはベーシックと同じですが、アドバンスバージョンだとチャートのサイズが大きいため、より詳細な分析ができるのが大きな特徴です。

スポンサーリンク

他にもチャート左上のメニューバーから、補助線を引くなどの設定が簡単にできます。
特に短期トレードをする人やチャート分析を行いたい人に最適な取引画面となっています。

売買履歴を見たい場合は売り板の上部にあるボタンをクリックすればすぐに見られますよ。
しかしアドバンス画面の唯一の難点とも言えるのが、通貨の切り替えに少し手間がかかることでしょうか。
といっても「マイアカウント」のメニューから設定するのでそこまで面倒でもないのですが。

個人的には最初はベーシックの方が簡単に取引できるのですが仮想通貨取引に慣れてきたら、アドバンス画面の方が使いやすく感じてくるような気がします。

しかし、向いている方法は人それぞれなので、投資歴がどれ程あっても自分が使いやすい方法が1番ですよね。

Binancecoinにも価値がある!値動きがあるってほんと?

BNBトークンはただ取引所のユーザーに利用されるだけではなく、仮想通貨としての価値も存在します。
それも冒頭で触れた通り、1BNB=1,818円で取引されているのです。
取引所発行のトークンは使用の場が限られているため、1単位あたりの単価が安い場合が多く数円〜数十円という低価格で売買されることもめずらしくありません。

それだけBNBコインが便利かつバイナンスの人気が高いことが分かりますね。
2017年12月には2,300円以上をマークしたこともあって、普通に人気の通貨としての地位を確立しつつあります。

しかも発行上限の2億BNBは既に発行済みで、リップルやネムのように使用される度にコインが少なくなって希少性が上がる仕組みになっています。
トークンの希少性が高まることに比例して、取引手数料の割引率も少なくなっていきます。
最初の1年は50%、2年目は25%、3年目は12.5%、4年目は6.75%に設定されています。
公開されたのは2017年7月1日なので、初めて取引手数料の割引率が低くなるのは2018年7月1日だと予想できます。

つまりお得に仮想通貨取引をしたいのならば、早いうちに投資をしなければいけないようです。

Binancecoinを購入する方法と流れをまとめてみた。

それでは実際にバイナンスコインを購入して見ましょう。
バイナンスは海外の取引所のため日本円の入金に対応していません。
そのためまず日本国内の取引所でビットコインやイーサリアムを購入して送金しておく必要があります。

無事にバイナンスにコインを送金できたら、先ほどご紹介したベーシックかアドバンス画面のどちらからかBNBトークンを選択して買い注文を出しましょう。
無事に取引が成立すればBNBトークンを所持できたり、このトークンを使って通貨の購入ができたりしますよ。

取引に使うと自分が思っているよりもすぐになくなってしまうので、特に短期トレードを行う人は多めに買っておくことをおすすめします。

BNBトークン自体を保有しておきたいと考える人もたくさんいると思いますが、先ほど説明した通りBNBトークンは年々希少性が高まっていく一方で5年目には取引手数料の割引率が0%になるため売却のタイミングを見極めることが大切になりそうです。

binancecoinはjpy日本円で購入する事が出来ないってほんと?

先ほども説明しましたが、バイナンスコインは2018年1月中旬現在では日本円での購入ができません。
というのもバイナンスは中国にある海外の取引所のため、海外の法定通貨への対応はされていないからです。
とは言っても現在中国では仮想通貨取引に厳しい規制が強いられているため本国の通貨である人民元の利用も取引所ではありできないのですが…
しかし2017年11月には東京に本拠地を置くQUOINEXとバイナンスが提携することが明らかになっています。
この提携を機にバイナンスやQUIONEXの取り扱い通貨が増えたり、法定通貨との通貨ペアの種類が増えることが考えられます。

元々バイナンスは世界の取引を担うという大きな目標があるため、インドルピーなどの国際的にマイナーな通貨での取引ができるQUOINEXは、最適なビジネスパートナーだったのでしょう。

2018年に入ってからは東京にオフィスを構え、ユーザーからの質問にもポジティブに返していることから近いうちの日本進出はほぼ間違いないと言えるでしょう。
金融庁の認可が降りれば、バイナンスでの日本円による入出金ができるようになるだけでなくホワイトリストに掲載される通貨の種類も格段に増えることになりそうです。

すでに金融庁に申請を済ませているのか、これから認可までに時間がかかるのかは分かりませんが世界トップクラスの人気を誇る取引所が日本国内で利用できるようになったら、日本の仮想通貨取引がより活性化されそうです。

つまりコンビニ振り込みではbinance coinは買えないという事?

コインチェックやザイフなどで採用されているコンビニ入金、365日24時間いつでも簡単に入金することができて銀行振込よりもアカウントへよ反映が早いことなどから人気のある入金方法です。

しかし、現段階ではバイナンスは日本円に対応されていないため、もちろんコンビニ入金はできません。
既存の国内の取引所でもコンビニ入金は対応しているところとしていないところにはっきりとわかれているため、将来的に日本進出が実現したとしても、バイナンスでコンビニ入金できるかは分かりません。

もしも、わざわざ銀行やATMで取引するのが面倒だという人がいればクイックに入金できるネットバンキングのアカウントを作って置くといいかもしれません。
住信SBIや楽天銀行は多くの取引所で採用されているため、ひとつ口座を持っておくとパソコンで情報を拾いつつ振込ができるのでとても便利ですよ。

取引所によってはネットバンキング利用の場合着金反映が早くなるところもあります。

binancecoin を購入するにはビットコインで購入するしかないの?ビットコイン以外でも購入出来るコインはある?

海外の取引所を利用するときにビットコインを利用する人は多いと思います。
世界的に見てもほぼ全ての取引所でビットコインを取り扱っているため、利便性が高いのが特徴です。

しかしその一方では需要増加による送金詰まりで反映が遅れる、手数料の増加、単価が高くなりすぎて小学取引に向かないなどのデメリットも目立つようになってきました。
他の通貨も利用できたら便利ですよね。

バイナンスでも基軸通貨はビットコインと設定されているものの、他にもイーサリアム建て、BNBトークン建て、tezor(USTD)建てで通貨を購入することができます。
この中だったらイーサリアムは国内の取引所でも購入できるし、ビットコインと比べてもスムーズな取引が可能になりそうなのでおすすめの購入方法だと言えますね。

binancecoinはbinance上であればあらゆるcoin を購入する事が出来る?

BNBトークンを使えばバイナンスであらゆるコインを購入することができるのでしょうか?
答えはイエスです。

BNBトークンは基軸通貨のひとつとなっているため、あらゆる種類のコインに対応しています。
さらにBNBトークンやUSTDは単価が低く設定されているため、価格の低いコインや今話題の草コインの投資にも向いています。

基軸の通貨を複数所持しておいて、銘柄によって使い分けてもいいかもしれませんね。

しかし、基軸通貨が複数ある取引所にありがちなのですが銘柄の選択ミスに注意しましょう。
ただでさえコインの単位はよく似ているので、間違った売買をしないように気をつけたいところです。
バイナンスのように100種類以上の銘柄を取り扱っている場合は、あせらず手続きを行うのが良さそうです。

この記事ではバイナンスのトークンについての解説や、取引の注意点を説明しました。
たくさんお話しましたが、総合的に見てもやはりバイナンスはコスパの良い取引所であり、bnbトークンもとても使い勝手のいいコインのためとてもおすすめです。

スポンサーリンク

仮想通貨女子

下記で紹介している取引所は全て無料で登録出来ます。
もちろん全て私が使用している取引所のみを紹介してます。


手数料の安いビットバンク(無料)


リップルの手数料のキャンペーン中手数料の安い取引所ならビットバンク

ビットバンクは仮想通貨の上場も多く、手数料も安い取引所です
たった1分で登録完了手数料を安く仮想通貨売買をが多い方におすすめの取引所です


bitbank


ビットバンクの口座開設方法と登録方法について大解説

FX手数料の安い取引所GMOコイン(無料)


FX取引をするならスプレッド手数料の安いGMOコインにしましょう。

GMOコインはFXのチャートが見やすいのも特徴で、アプリが使用しやすいです。
たった1分で登録完了スマホでFX仮想通貨売買をが多い方におすすめの取引所です



仮想通貨販売所でFXをやるならGMOコインがおすすめ

海外の仮想通貨なら日本語対応のあるbinance(無料)


binance
海外の仮想通貨取引所は日本語サポートも行っているbinanceにしましょう

binanceであれば日本にはない仮想通貨も購入する事が出来ます
たった1分で登録完了し、海外の仮想通貨売買をしたい方はbinance



中国の仮想通貨取引所 Binance (バイナンス)の口座開設方法とと登録方法を解説

海外仮想通貨のFXはbitmex(無料)


bitmex
BITMEXはハイレバで仮想通貨FXが出来る仮想通貨取引所です

追証なしでハイレバFXが可能な事が魅力です
たった1分で登録完了し、追証なしの安全な海外FXを楽しみたい方はBITMEX



bitmexの登録方法と使い方。レバレッジかけられるけど追証はなし!