スポンサーリンク

FXリスク

FXでリスクを少なくする方法にはどんなものがある?

FXには絶対に勝つ方法はありませんが、絶対に負けない方法はあります。それは、取引をしないことです。

基本的に、FXは取引さえしなければ負けることはありません。そのため、負けそうだなと思えるようなタイミングや、勝てるかどうかわからないというタイミングでは、極力トレードを控えてください。それがFXで大損するリスクを減らすための、もっとも良い方法です。

勝てる時だけエントリーをし、勝てる見込みがない時はエントリーしない、これがFXをやる前に絶対に覚えておいてほしいことです。

FXは確かに上がるか下がるかの二択しかありません。普通に考えれば、勝てる確率は2分の1です。では、実際のところはどうなのでしょう?

確かに勝つか負けるかの確率で言えば、2分の1であることに違いはありません。しかし、現実のFXの世界では、勝てるトレーダーは1割にも満たず、9割以上のトレーダーはFXで負けています。FXは、始めてから1年保てば良い方だと言われるほど、厳しい世界です。

ここで勘違いしてはいけないのは、利益を出しているトレーダーだからといって、勝率100%というわけではないということです。たとえ利益の出せる専業トレーダーであっても、時には思惑を外し、損失を抱えることもあります。

にも関わらず、プロと呼ばれるトレーダーが利益を出せるのは、偏にリスクの管理方法を心得ているからです。しっかりとリスク管理が出来ているのであれば、レバレッジの高さや追証の有無など関係はありません。

FXがどれほどハイリスクな取引であっても、しっかりとリスク管理が出来ている限り、大損することはありません。その反対で、リスク管理のやり方を学ばずにFXを始めると、たとえ低レバレッジな取引でも大損することでしょう。

FXを始めるのであれば、リスクの管理方法を必ず学んでください。

レバレッジをかけるとリターンは大きいが同様にリスクも大きくなる?

FXが他の投資と比較してリスクが大きくなる原因、それはFXにはレバレッジと呼ばれるシステムがあるからです。

レバレッジをかけると、倍率に比例してリターンが大きくなります。同時にリスクも大きくなります。

例えば、資金が100万円の投資家がレバレッジ25倍で2500万円の取引をした場合、思惑通りに価格が動いてくれれば、わずか数回の取引で大きな利益を得ることができるでしょう。

仮に1ドル100円の時に2500万円でドルを買えば、25万ドルを調達できます。その後、1ドル110円まで円安が進んだ後に25万ドルを円に戻すと、2750万円になるので、利益は250万円となります。当初、資産は100万円しか無かったにも関わらず、レバレッジをかけることで資産を倍以上にすることができた計算となります。

もちろん、これは思惑が当たればの話です。もしも思惑が外れ、1ドル100円のレートが1ドル90円まで円高になると、レバレッジが働いている分、損失も拡大します。

資金が100万円しか無いのに、250万円もの損失が発生すると、大損どころかマイナスですらあります。

このように、レバレッジをかけた取引をする場合、大きなリターンを狙おうとすればするほど、リスクも拡大します。

FXで借金。追証の脅威とは?

FXで無茶な取引をすると、時と場合によっては証拠金以上の損失が発生することがあります。

例えば、証拠金が10万円しか無いにも関わらず、急な値動きが原因で含み損が10万円を超えると、証拠金がマイナスとなります。仮に含み損が20万円とし、その状態で決済をするとマイナス10万円、つまり借金を背負っている状態となります。

このようなケースの場合、トレーダーにはマイナスになった分の損失を補填する必要に迫られます。ただし、2009年以降より、FX会社のロスカットの義務化が始まりましたので、このケースのような大損が原因で赤字を抱えることになるということは滅多に起こらないです。

2009年以降、FXが原因で借金を背負うケースというと、追証のお金を入金するために、消費者金融などからお金を借りるという事態が想定されます。

FXには追証と呼ばれる制度があります。これは含み損を抱えて証拠金維持率が一定水準以下、仮に100%を追証の基準とした場合、証拠金維持率を割った分の補填をしなければならないというのが追証の大まかなルールです。

例えば、必要証拠金が10万円で、実際の純資金が含み損を抱えることで8万円まで減ってしまった場合、2万円を入金して不足分を解消することになります。

もしも期日までに追証を解消できないと、ロスカットとなり、現在保有しているポジションを強制的に決済されることになります。そのため、追証を放置するだけでは、借金を抱えることは基本的にありえないです。

ただこの時、ポジションの決済を避けるために、消費者金融などからお金を借り、そのお金で追証を解消するなどの行為をすると、借金が増えていく可能性があるので止めましょう。

そもそも追証になるということは、トレードのやり方に問題があるということです。そのような状況下でいくら追証を解消したところで、損失が拡大し続ける限り、焼け石に水でしょう。

もしも追証に陥ったら、借金をするのではなく、諦めてポジションを決済してしまいましょう。特に初心者のような、トレード経験が少ない方ほど、損失を抱えたポジションは早めに決済をした方が良いです。

ロスカットで資金が0になる事も…

もしもFX会社よりロスカットを強行されると、時と場合によっては資金が0になることもあります。ただ、海外のゼロカットシステムを採用しているようなFX会社ではなく、国内のFX会社を使っているのであれば、そのような事態は滅多にないです。

というのも、国内のFX会社はどこもロスカットの基準を高めに設定しています。例えば、ロスカットルールを50%に設定しているFX会社を使っている場合、証拠金維持率が50%を割ると強制的にポジションを決済するので、少なくとも証拠金が0になることはないです。もちろん、借金を抱えることもありません。

もちろん、金曜日にポジションを決済せず、そのまま月曜日まで持ち越すと、土日に起きた価格変動が原因で月曜日早々に大損失を食らい、0円どころかマイナスになることもあります。

ただ、そのような失敗は初心者ぐらいしかやりません。FXの経験がある方ならば滅多にやらないミスです。FXで大損をするという方は、基本的に初心者ぐらいです。

FXは確かにハイリスクハイリターンな取引ですが、初心者がやりがちな失敗さえやらなければ、リスクや失敗はいかようにも抑えることが可能なのです。

FXで初心者が陥りがちな失敗はどんなものがある?

FX初心者がよくやる失敗というと、まずナンピンや塩漬けがあります。

FXは株や外貨預金ではありません。株や外貨預金ならば、いくら含み損を抱えても、長期的にポジションを保有し続ければ、配当金や金利などの収入で含み損を補填し、損失を回復させることができます。価格が上がれば、キャピタルゲインも狙えるでしょう。しかし、FXではそのような長期戦略は使えません。

なぜなら、FXにはロスカットの制度があるからです。FXで含み損を抱え、証拠金維持率が一定水準を下回ると、ロスカットされ、ポジションを強制的に決済されます。そのため、ナンピンや塩漬けをFXでやると、大損するリスクがあります。

次にFX初心者がよくやる失敗というと、勉強不足があります。

失敗する初心者ほど、FXについて勉強しません。レバレッジの仕組みや、ロスカット、追証、スプレッドなどについて全く理解せずにFXを始めます。

たとえ勉強不足でも、自分でしっかりと考えてトレードをしているのであればまだ良い方です。初心者の中には、特に根拠がなく、ニュースやブログで著名人が円高になる、もしくは円安になると言っていたからFXを始めたという方もいます。

こういったメディアの情報を信じて投資をすると、確実に負けます。というのも、ニュースというのは常に何かが起きた後に発生するからです。ニュースが円高だと報じた頃には既に円高は終了しているものです。それは円安についても同じことが言えます。

そして、これが失敗する初心者がよくやるミスの典型なのですが、負けるトレーダーほど損切りができません。一旦ポジションを保有すると、どれほど損失が出ても損切りが出来ず、最終的にはロスカットされることになります。

FXで利益を出すためには、損切りのテクニックは絶対に必要です。損切りのやり方を知らずにFXを始めると、確実に大損するでしょう。

FXのリスクを計算する方法

FXでレバレッジをかけてトレードをする以上、リスクが低い手法なんてものは存在しません。追証とロスカットがある以上、株式投資でお馴染みのナンピンや塩漬けはかえってリスクを高める危険なトレードになります。

ただし、唯一例外的にリスクを下げる手法があります。それは、レバレッジを1倍に設定したトレードです。

レバレッジを1倍に設定すると、外貨預金と同じ状況下でFXができるため、リスクを大幅に下げることができます。レバレッジが低ければ低いほど、それに比例してリスクは低くなります。

もしくは、レバレッジを高めに設定しつつも、取引量を常に少なくすれば、リスクを下げることができます。

FXのリスクは、証拠金に対して取引数量が増えれば増えるほど、リスクは大きくなるからです。

例えば、証拠金100万円に対し、実際の取引金額が1000万円ならば、リスクはレバレッジ1倍で取引をする場合のちょうど10倍となります。

取引のリスクを計算したい時は、次の計算式でリスクを算出できます。

取引金額÷証拠金=リスク

この計算式で算出された数字が1よりも高ければ高いほど、リスクの高い取引をしているということになります。

 

リスクの高い投資法 スキャルピング
デイトレード
スイングトレード
ポジショントレード
リスクの低い投資法 レバレッジが低いトレード
取引数量が少ないトレード

 

FXのリスクの高い方法

FXはレバレッジをかけて取引する以上、どうしてもリスクが高くなります。スキャルピングやデイトレード、スイングトレード、ポジショントレードなど、様々な取引の方法がFXにはありますが、レバレッジをかけている以上、基本的にどれもリスクはつきものです。

リスクを下げるには、レバレッジを低くするか、取引数量を減らすかのどちらかしかありません。

もちろん、専業と呼ばれるプロのトレーダーは、これらのリスクのたかい手法でも利益を得ています。ただそれは、勝った時に利益を伸ばし、負けた時に損切りをして損失を最小限に抑えるという、損小利大のルールを守っているからです。

プロのトレーダーはリスクを常に最小限に抑えるためのルール設定ができているため、リスクの高いトレード方法でも利益が出せるのです。

仮に勝率9割でも、残り1割の敗北で大損し、資金を減らしてしまったのでは意味がありません。その反対で、勝率が1割でも、しっかりと損切りをし、損失を常に最小限に抑えつつ、1割の勝利で大きく利益を伸ばすことができれば、FXでは本当の意味で勝利となります。

 

リスクの高いトレード スキャルピング
デイトレード
スイングトレード
ポジショントレード

 

FXでリスクの低い方法。リスクヘッジはとても大切

FXでリスクを減らす方法は、レバレッジを下げるか、取引数量を減らすか、この2つしかありません。

どのようなトレード手法を採用したところで、レバレッジをかけ、高額の取引をする以上、リスクは避けられません。

しかし、同じデイトレードでも、レバレッジが低い、もしくは取引数量が低ければ、大損するリスクを大いに下げることができます。

レバレッジを下げるというのは、要するにレバレッジを1倍から5倍など、低く設定して取引をするということです。

FXがリスクの高い取引になってしまう原因のほとんどはレバレッジが高いことに起因しています。ならば、レバレッジを1倍など、低く設定すれば、ロスカットの危険を完全に排除することができます。

なにしろレバレッジが1倍ならば、証拠金割れを起こす心配がありません。もちろん、ショートポジションを保有するというのであれば、よほど運が悪いと証拠金が無くなる危険があります。

しかし、レバレッジ1倍でロングポジションを保有している限り、証拠金割れを起こす心配がありませんし、どれほど価格が変動しても証拠金以上の損失を抱えることはありません。

もちろん、レバレッジを1倍に設定すると、キャピタルゲインを短期間で大きく稼ぐことが難しくなるでしょう。その代わり、スワップポイントが稼げるようになります。

FXはロスカットの制度があるため、なかなかスワップポイントが狙い難いです。しかし、レバレッジを1倍に設定し、ロスカットの可能性を無くしてしまえば、ポジションの長期保有が可能なため、安定したスワップ収入を得ることができます。

スポンサーリンク

外貨預金や株式投資と違い、スワップポイントは毎日稼げる金利収入です。1ヶ月にわたってポジションを保有し続ければ、スワップポイントだけでも高収入を得ることが出来るでしょう。

このように、レバレッジを低く設定すれば、追証やロスカットの可能性を排除し、安定したスワップ収入が狙えます。それは取引数量を少なくした取引でも同じことが言えます。

例えば、証拠金が1000万円なのに対し、取引金額を10万円に設定した状態で取引をすれば、どれほど価格が変動しても、取引金額が少ない分、必要以上の損失を受けるリスクが無くなります。

仮に1ドル100円の時に10万円分のドルを購入し、1000ドルのロングポジションを保有するとします。この状態で、1ドル1円まで円高が進むという急激な価格変動が仮に起きたとしても、含み損はたったの9万9000円で済みます。

証拠金が1000万円の投資家からすれば、9万9000円の損失など、大した金額ではありません。

このように取引金額を常に少額になるようにトレードをすれば、価格変動があっても損失が常に少額となりますので、低リスクな取引ができるようになります。

もちろん、取引数量が少ないため、トレードで稼げる利益は小さくなります。その代わり、スワップ収入を安定して得ることができます。

FXにリスクは付きものです。しかし、リスクを減らすためのアプローチを取っているのであれば、リスクはそれほど怖いものではありません。

損失を最小限に抑えるための様々な方法を模索する、いわゆるリスクヘッジをすることがFXでは大切なのです。

 

リスクの低い方法 低レバレッジな取引
取引数量が少ない取引

 

FXで安全に稼ぐにはどのようにすればいい?

FXで安全を優先するなら、レバレッジを低くする以外に方法はないです。レバレッジを拡大すればするほど、少し変動しただけで大損することになります。

その反面、レバレッジを低くすれば、価格が大きく変動したとしても、損失が少額で済むので、安全です。

確かにレバレッジを低くすると、高額のキャピタルゲインを得ることは難しくなります。

なにしろボラティリティが大きいことで有名な英国のポンドですら、1円以上の値動きというと週に2、3回あれば良い方です。それ以外の通貨ペアともなると、もっとボラティリティが狭くなります。

FXはレバレッジをかけることではじめて高額のリターンを得ることができる投資です。レバレッジを下げてしまうと、FXをやるメリットが無くなるほどです。

そのため、FXをやる際には、レバレッジを上げ過ぎず、かつ下げ過ぎないように取引をする必要があります。

レバレッジが高すぎると、リスクが増大するため、安全性が失われます。その一方で、レバレッジが低すぎると、リターンが獲れなくなります。

幸い、日本のFX会社は金融庁の規制もあってか、レバレッジが最大で25倍までしか上げれないようになっています。

日本のFX会社の低いレバレッジであれば、最大に設定しても安全性が脅かされる心配は滅多にないでしょう。

これが海外のFX会社ともなると、100倍以上のレバレッジを設定できるFX会社もあります。安全に取引をしたいなら、レバレッジが低めに設定されている国内のFX会社を選びましょう。

国内のFX会社を利用すれば、レバレッジが低いことに加え、ロスカットの水準も厳しめです。もしもポジションを保有後に思惑が外れ、含み損を抱えることになったとしても、ロスカットされるため、資金を全額失う事態に陥ることはないでしょう。

さらに、日本のFX会社はどこも追証の制度を採用しているため、損失が発生した場合はすぐに損失が拡大する恐れがあることを教えてもらえます。損失が拡大し、追証を解消できなければ、一旦ポジションを決済し、取引を手仕舞いにしましょう。そうすることで、リスクの拡大を未然に防ぎ、安全に取引できます。

もちろん、いくらいきなり証拠金がゼロになるリスクがないからといって、何度も連続で負け続ければ、いずれ資金は大幅に減ることになります。

そうなる前に、知識を蓄えましょう。

FXで安全性を獲得するにあたって最も必要なもの、それは知識です。FXでは何をすると失敗するのか、どうすれば安全に稼ぐことができるのか、貪欲に学び、知識を吸収してください。

時には損切をする事も大切

FXを始めるにあたり、絶対に覚えておいて欲しいことがあります。それは損切りをすることです。

FXは損切りが出来るようになってはじめて一人前です。逆に言えば、損切りができない限り、FXで利益を出すことはできないと考えた方が良いです。

損切りができないと、やがてはポジポジ病に陥り、トレードをすれば負け、損失が増えるという悪循環に陥ることになります。そうならないようにするためにも、損失が発生したら、必ず損切りをし、損失の拡大を防いでください。

ポジポジ病とは、必要もないのにポジションを多く保有し、損切りが出来なくなる状態のことを指します。

たとえポジポジ病でも、ポジションが含み益を抱えているのであればまだ良い方です。ただ、ポジポジ病になっている人というのは大抵の場合、含み損を多く抱えているものです。

なぜ含み損を抱えているのに損切りができないのかというと、それは稼ぎたいという欲望が強すぎるからです。

稼ぎたいという考えが強い人ほど、含み損を抱えているという現実を受け入れず、つい損失を放置しがちになります。やがて決済ができず、次々と新しいポジションを抱えることで、いずれは巨額の損失を抱えてしまうことになります。

やがては証拠金維持率がロスカットルールの基準を割ってしまい、すべてのポジションは強制的に決済されることになるでしょう。

ポジポジ病に陥りやすいと言う人というと、稼ぎたいという欲望を持っているという特徴の他に、根拠のないトレードをよくする、トレード中毒に陥っている、不用心などの共通点があります。

これらの特徴を持っている人ほど、トレードで失敗しやすく、尚且つ失敗を認められずにいつまでもポジションを保有する、いわゆるポジポジ病に罹りやすくなります。

ポジポジ病にならないようにするためには、自身のメンタルを強化し、不要になったポジションはすぐに損切りをするという決断を常に下す必要があります。

FXの世界には利益を出せるプロは多くいますが、勝率100%のトレーダーはいません。どれほど稼ぎの良いトレーダーであっても、時には思惑を外し、損失を抱えることがあります。

この含み損が発生した時に、いかに早く思惑を外した事に気づき、損切りができるかどうかで、今後FXで稼げるかどうかが決まります。

FXで利益を出しているトレーダーほど、素早く損切りをし、損失の拡大を最小限に抑えます。つまり、リスクヘッジができているのです。

その反対で、FXで負ける人ほど、リスクヘッジができず、いつまでも思惑を外したポジションを捨てきれず、抱えることになります。

FXで悩まずに、確実に損切りをするためには、ここまでの損失が発生したら必ず決済をして損切りをするという明確なルールを作っておく必要があります。

損切りのルールを確立せずに取引をすると、感情的になりやすく、冷静な判断力を失います。なにより、損切りの明確なルールがないため、どこで損切りをしたら良いのかが判断できず、無駄にポジションを抱え、損失を増やす事態を招くことになります。

そのような事態を防ぐためにも、FXを始める際には、必ず損切りのためのルールを作っておいてください

リスクリワードとは?

リスクリワードとは、特定の期間におけるトレード成績の利確と損切りのバランスを示した割合のことです。ペイオフレシオとも呼ばれています。

リスクリワードの計算方法は、勝ちトレードの平均利益額÷負けトレードの平均損失額=リスクリワードレシオ、となります。

例えば、平均利益額が10万円、平均損失額が5万円の場合、

10万円÷5万円=2

となるため、リスクリワードは2となります。

つまり、現在のトレード方法を実践すると、損失に対して2倍の利益を得ることができるということを意味します。

一般的に、リスクリワードの数字が1以上ならば利益率の良いトレード、1以下ならば利益率の悪いトレードとなるため、取引ルールを改善する必要に迫られます。

リスクリワードが1を下回るということは、利益よりも損失の方が大きいトレードをしているということになります。もちろん、どのようなトレードを採用したところで、レンジ相場で取引をしているのであれば、リスクリワードは1以下になってしまうでしょう。

トレンド相場に入ればしっかりとリスクリワードを1以上にすることができるというのであれば、特に問題はないです。

ただ、トレンド相場で取引をしているにも関わらず、リスクリワードが1以下になっているということは、それは稼げないトレードルールで取引をしているというサインとなります。

リスクリワードが1以下になった時、どのようにトレードルールを改善すれば良いのでしょう?

リスクリワードを改善するためには、まず負けトレードの原因を分析する必要があります。

一体なぜ負けたのか、どのような理由でエントリーをしたのか、どのタイミングで決済をしたのか、どのような感情を持って取引をしたのか、徹底的に原因と結果を分析してください。

分析の結果、改善できるポイントがあれば改善してください。しかし、改善できない部分があるのであれば、その部分は諦めてください。

例えば、上昇トレンド中だったにも関わらず、重要な経済指標が発表されたことで急に相場が転換し、損失が発生したというパターンなどは、まさに避けられない損失です。

FXではこような、予期できない動きが頻繁に発生します。このような予測できない動きについてアレコレ考えても仕方がありません。このような予期できない動きが発生することを考慮に入れ、必ず損切りのルールを作ってください。

損失の原因と結果を分析し、改善点を練ったら、次に利益について分析をしてください。

勝ちトレードというのは一見すると分析する必要がないモノのように感じられますが、実際はむしろ逆です。勝ちトレードは、利益を増やす上で必須の分析対象です。

FXで利益を出すためには、損失を減らしつつ、同時に利益を増やす必要があります。つまり、勝ちトレードであっても、改善の余地はあるということです。

例えば、勝ちトレードで取れた平均利益が少なく、もっと利益が獲れたはずだと思うのであれば、利確のルールを高めに設定した方が良いでしょう。

仮に、現在の利確のルールが、20pipsの含み益が取れたら利確するというルールだった場合、これを22pipsの含み益が獲れたら利確するなど、ルールを変更してみましょう。

変更後のルールがちゃんと機能すれば、今後は一回トレードで勝つために、以前よりも2pips多めに利益を獲得できるようになります。

損失を減らし、そして利益を増やす、この二つをどうすれば実現できるかを考えましょう。良いアイディアがあったら、トレードルールに組み込みましょう。

FXの基本は、実践と反省の繰り返しです。

実際に取引をし、リスクリワードを計算して現在の状況を分析し、悪い分があれば改善、良い部分があれば改良し、さらなる利益拡大を目指して再び取引をします。

最初は経験や知識が不足しているため、失敗を多く経験することでしょう。しかし何度も反省し、失敗の経験をヒントに改善策を模索し続ければ、やがて安定した利益を出せるトレードルールに行きつくことができます。

まずは少額で初めて見る事が大切

一旦、利益率の高いトレードルールの作成に成功することができれば、あとはそのトレードルールに従って取引を継続するだけです。利益が増えていけば、やがて複利効果が働き、資産が増えていくことでしょう。

FXで利益を出せるかどうかは、この利益率の高いトレードルールを自分の中で作れるかどうかに依存します。

このしっかりと自信をもって利益を出せるトレードルールが確立されていないうちは、リスクの高い取引は避けた方が賢明です。

まだどうやってトレードをすれば稼げるかわからない初心者のうちは、リスクが低い環境下でトレードをし、ルール作りをしてみましょう。

FXのリスクを下げる方法は簡単です。少額から取引をすれば良いのです。

いきなり全財産をFXに投じるなど、無茶な取引は避け、まずは1万円からFXを始めてみましょう。

1000通貨単位から取引ができるFX会社を利用すれば、10万円どころか、1万円からでもFXを始められます。

もちろん、取引金額が低いため、稼ぐことは難しいです。しかし、リターンが小さい分、思惑が外れた時の損失も小さくなるため、リスクが低くなります。

大損するリスクが低ければ、何回トレードで失敗しても、資産が溶ける心配がありません。そのため、好きなだけ失敗を経験できます。

FXで成長するためには、何をすれば損失が出るのか、失敗の経験が不可欠です。

失敗し、学び、成功のためのコツを掴むことで、はじめて利益が出せるトレードルールに行きつけます。安定したトレードルールが確立できるまでは、失敗しても損がないように、少額から取引を始めてみましょう。

為替レートは常に動いており、エントリーのチャンスに満ち溢れています。わざわざ初心者のうちからハイリスクハイリターンな取引を始める必要はありません。

少額の取引を通じて経験を学び、トレーダーとして成長してからハイリスクハイリターンな取引を始めたとしても、全然遅くないです。むしろ、成長してから始めることで、大きな失敗をする危険性を事前に排除し、順調にFXで利益を伸ばせるようになるでしょう。

スポンサーリンク

仮想通貨女子

下記で紹介している取引所は全て無料で登録出来ます。

もちろん全て私が使用している取引所のみを紹介してます。


口座開設で20000円キャッシュバック


口座開設でなんと20000円のキャッシュバック

もちろん登録は無料!3分で入力可能なので作っておくだけでも損はありません
たった3分で登録完了lineで 問い合わせ可能初心者にも上級者にもおすすめの取引所はDMMFX


dmmfx




1通貨から取引可能SBIFX(無料)


なんと手数料が無料

ドル円のスプレッドがなんと約0.27銭