スポンサーリンク

fxおすすめ少額投資

目次でササッとチェック

FXを少額で儲けを確実に稼ぐにはどうすればいい?

FXを少額で儲けを確実に稼ぐには どうすればいい?

FXを始めると、確かに短期間で高収入を得ることができます。ただし、少額から投資を始める場合、取れる選択肢が減ってしまうため、どうしてもリスクの高い取引しかできなくなってしまうものです。

FXでリスクを少なくする方法。レバレッジを大きくかけて借金をする前に読む記事

例えば、レバレッジを低くすることでリスクを減らしつつ、スワップポイントを稼ぐという方法は、確かにローリスクで利益を稼げる確実な方法なのですが、実践するためには大金が必要となります。

資金が少ないと取引できる数量も減ってしまいます。そうなると、スワップポイントで高収入を得ることが難しくなります。

少額からFXを始める場合、ある程度のリスクを覚悟しつつ、キャピタルゲインを狙った方が良いでしょう。

確実に、そして安全に稼ぐためには、それ相応の資金がどうしても必要になるのです。

少額からFXを始める場合、DMMFXがおすすめです。

取引手数料が無料なのでもっとも少額からFXを始める事が出来ます。

DMMFXトレード公式サイトは以下からどうぞ。【無料】

FXを少額で始めるにはいくらから始められる?4円で始められます

FXを少額で始めるにはいくらから始められる?4円で始められます

FX会社といってもそれぞれ、会社によって少額の基準が違います。

例えば、取引単位が1万通貨のFXの会社の場合、最低でも5万円はないとFXを始められません。他方で、1000通貨から取引できるFX会社ならば、5000円からでもFXを始められます。

そして、FX会社の中には1通貨から取引ができるFX会社も存在します。1通貨から取引できるとなると、仮にレバレッジを25倍に設定した場合、4円からであっても取引できます。

例えば、米ドル/円のレートが1ドル100円の時、1通貨の取引に必要な金額は本来であれば100円です。しかし、レバレッジをかけると、証拠金が減ります。仮にレバレッジを25倍に設定した場合、証拠金は100円の25分の1となりますので、4円となります。

国内で1通貨から取引できるFX会社は、SBIFXトレードのみです。SBIFXトレードを利用するのであれば、証拠金は4円からでも取引が可能となります。

とはいっても10円などで始めて儲ける事は難しい?

とはいっても10円などで始めて儲ける事は難しい?

SBIFXトレードでFXを始めれば、確かに1万円どころか10円からでもFXを始められます。

10円から取引を始める場合、取引数量が必然的に少なくなってしまうため、大損するリスクがほとんどありません。

例えば、1ドル100円の時に1ドル購入するとします。その後、1ドル50円まで円高が進んだとしても、50円の損失にしかなりません。確かに証拠金10円を基準に考えると、この損失は証拠金の5倍に相当する金額ですが、所詮は50円の損失です。大した経済的損失にはならないでしょう。

このように、証拠金10円から取引をスタートすると、万が一思惑が外れたとしても、大損しないというメリットがあります。同時に、たとえ思惑通りにレートが動いても、たいして利益を得られないというデメリットも存在します。

そもそも為替相場とは、滅多に動かないものです。為替のボラティリティは他の金融商品と比較すると小さいため、レバレッジをかけないとなかなか利益を得ることができません。

同様に、取引数量が少なくなると、どれほどレートが動いても、獲れる利益が少なくなります。

いくらリスクが低いからといって、取引数量が少なすぎると、FXを始めるメリットがほとんどなくなってしまいます。

そのため、FXを始める際には、ある程度のリスクは受け入れましょう。リスクといっても許容範囲内のリスクであれば、特に問題視することなくFXを始められます。

少額取引の出来る取引所一覧

少額取引の出来る取引所一覧

 

取引単位 通貨ペア数 米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル キャッシュバック
SBIFXトレード 1通貨 26通貨ペア 0.27銭 0.39銭 0.48pips 500円
マネーパートナーズ 100通貨 18通貨ペア 0.3銭 0.4銭 0.3pips 最大77700円
外為ジャパンFX 1000通貨 15ペア 0.3銭 0.5銭 0.4pips 最大20000円
FXプライム 1000通貨 20ペア 0.6銭 0.9銭 0.6pips 最大10000円
セントラル短資 1000通貨 24ペア 0.3銭 0.5銭 0.4pips 最大20000円

 

国内のFX会社の中で、取引単位が最も小さいFX会社はSBIFXトレードです。次に取引単位が小さいFX会社はマネーパートナーズです。

この二社は業界の中でも特に取引単位が小さいFX会社となるため、10000円どころか1000円未満の少額からであっても取引が可能です。SBIFXトレードにいたっては、100円以下でもFXを始められます。

初心者がFXで稼ぐにあたって必要な資金はどのくらい?

初心者がFXで稼ぐにあたって必要な資金はどのくらい?

国内のFX会社のレバレッジは最大で25倍までと規制されています。海外のFX会社と比較して、国内のFX会社のレバレッジはとても低いので、トレードで稼ごうと思うのであれば、それ相応の資金が必要となります。
FX初心者のおすすめのやり方と稼ぎ方。少額から無理せずはじめよう
FXは少額からでも始められるのですが、がっつりと稼ごうと思うのであれば、だいたい50万円はあった方が良いでしょう。

50万円あれば、1万通貨の取引どころか、10万通貨の取引も可能になるため、一回のトレードで得られる金額も大きくなります。それこそ、1日あたり数万円の利益を稼ぐことも難しくはないでしょう。

兼業ではなく、専業のFXトレーダーになるつもりなら、やはり証拠金は50万円以上はあった方が良く、それ以下だとたとえトレードに成功したとしても、一回あたりの取引で得られる利益が小さくなってしまいます。

仮に10000円で儲けるならどうすればいい?1日10000円チャレンジはおすすめ出来る?

仮に10000円で儲けるならどうすればいい?1日10000円チャレンジはおすすめ出来る?

1万円チャレンジとは、1万円を元手にFXで取引をし、資産を増やすというチャレンジです。

FXの醍醐味は複利効果です。継続的に利益を積み重ねていけば、たとえ原資が1万円だったとしても、複利効果を働かせることで、資産を倍増させることも難しくはないでしょう。
FXで複利のやり方と成功方法と失敗例。運用次第で生活する事も可能?
仮に1回あたり1%の利益をトレードで稼げるとした場合、100回トレードすれば100%の利益を得られるので、資産は倍増します。

1万円を2万円まで増やしたら、今度は2万円を原資にしてトレードを開始して4万円まで増やす、その次は8万円まで増やし、その次は16万円まで増やすといった具合で、倍々になるようにトレードで増やしていくことができれば、いずれは億単位の資産を作ることも夢ではありません。

1万円チャレンジの良い点は、たとえ大損を被って資産を溶かすことになったとしても、最初の原資がたったの1万円のため、大きな経済的損失にはならない点にあります。

成功すれば1万円を元手に大金をゲットできますし、失敗しても損が少ない1万円チャレンジは、リスクの少ない投資法と言えるでしょう。いきなり全財産を投資するような無茶なやり方と比較するのであれば、とても堅実な投資法です。

もしも1万円チャレンジを始めるのであれば、差益で儲けるのではなく、複利で儲けるつもりでトレードをすることをオススメします。

例えば、10回トレードをしたら確実に20%の利益を残せるなど、利益が出るようなトレードを継続していけば、やがては複利効果が働くことで、資産を大きく増やすことができます。

FXで利益を増やすためには、継続的に利益を積み重ねる必要があります。一旦利益を出すコツさえおさえてしまえば、元手の1万円を倍増させることはそれほど難しくはないでしょう。

10000円でFXを始めた場合、どのくらい儲かる?

10000円でFXを始めた場合、どのくらい儲かる?

仮に10000円からFXを始めるとして、レバレッジを25倍に設定した場合、1000通貨から2000通貨までの取引しかできないでしょう。

FXの取引に必要な証拠金は、その時のレートによってそれぞれ異なります。例えば、米ドル/円のレートが1ドル100円だった場合、1000通貨の取引に必要な金額はレバレッジが1倍ならば10万円となります。レバレッジが25倍ならば必要証拠金は4000円となります。

米ドル/円の相場は1ドルあたり100円から110円を推移することが多いため、だいたい5000円もあれば1000通貨の取引ができます。1万円あれば、ぎりぎり2000通貨の取引ができるでしょう。

仮に米ドル/円相場で、2000通貨から取引をするとした場合、1日20pips稼げるのであれば、1日の利益は400円ほどとなります。

証拠金が1万円であることを考えると、1回の取引で証拠金に対して4%もの利益が得られるのであれば上出来です。この調子であと25回連続で20pipsの利益を継続して稼ぎ続ければ、1万円の元手を2万円まで増やすことができるでしょう。

もっとも、実際の取引では思惑が外れて損失を被ることもあるため、順調に資産を積み上げることはなかなか難しいでしょう。もっとも、それは1万通貨であろうと10万通貨であろうと同じことが言えます。

結局のところ、1000通貨だろうと1万通貨だろうと、利益が出るようなトレードをしなければ、資産を増やすことはできません。少額の資金を増やせない方は、証拠金が高額だったとしてもFXで資産を増やすことは難しいでしょう。

その反対で、1000通貨を1万通貨まで増やすことができる腕前を持つトレーダーは、10万通貨を100万通貨まで増やすことができるトレーダーでもあります。

まだFXの取引経験が少なく、どうやれば利益を増やせるのかわからないという方は、いきなり10万通貨から始めない方が良いです。

1000通貨から取引を始めると、確かに一回あたりに獲れる利益は少なくなります。しかし、一旦FXで資産を増やす方法を習得してしまえば、1000通貨から始めたとしても、最終的には資産を大きく増やすことができるでしょう。

通貨単位1000で稼ぐのが無難

通貨単位1000で稼ぐのが無難

FXは確かにハイリスクハイリターンな投資ですが、1000通貨の取引をしている限り、大損するリスクは滅多にないです。

国内のFX会社はどこもロスカットの基準が厳しいため、たとえ思惑が大きく外れて大損することになったとしても、証拠金が尽きる前に強制的にポジションを決済し、ロスカットしてくれるでしょうから、資産が0もしくはマイナスになる可能性は滅多にないです。

大損といっても、1万円が5000円になる程度の損失であれば、いくらでも許容できますし、その程度の損ならばいつでも挽回が可能です。

FXでいきなり10万通貨以上の高額取引を始めると、たった一回の失敗で取り返しのつかない損失を抱えることもありますが、1000通貨ならばそのような心配は不要となります。それだけに、FXを始めるのであれば、まずは腕試しということで1000通貨から始めることをオススメします。

証拠金が少ないとレバレッジをかける事が出来ない?

証拠金が少ないとレバレッジをかける事が出来ない?

証拠金が少なくても、レバレッジをかけることは出来ます。ただし、必要としている証拠金に達しないと、取引ができなくなります。

例えば、必要証拠金が5万円だった場合、最低でも5万円以上の資金がないとFXができません。たとえ5万円の資金をトレード口座に入金したとしても、取引に失敗して資金が減り、5万円を割ってしまうと、証拠金不足となるため、取引を継続できなくなります。

必要証拠金はその時のレートと、レバレッジによって異なります。取引をする際には、必要証拠金以上の資金を必ず用意しましょう。

少額でもレバレッジをかければ儲ける事が出来る?

少額でもレバレッジをかければ儲ける事が出来る?

たとえレバレッジをかけたとしても、資金があまりにも低いと、儲けることは難しいです。なにしろ国内のFX会社の最大レバレッジは25倍までです。

仮に証拠金が1万円の場合、レバレッジが25倍だと、1000通貨から2000通貨の取引しかできないでしょう。取引数量が少ないと、レバレッジをかけたところで、儲けは少ないままです。

ある程度まとまった利益を稼ごうと思うのであれば、やはり資金は50万円以上はあった方が良いです

FXの基本的な儲け方

FXの基本的な儲け方

FXの儲け方というと、まず差益によって儲けるキャピタルゲインがあります。例えば、1ドル100円の時にドルを買い、1ドル110円までレートが上昇してからドルを売れば、10円分の差益を稼ぐことができます。
ドルを買うタイミング2018。今ドルを買うべきか?買い時はいつ?
FXの利益にはこのキャピタルゲインとは別にもう一つ、スワップポイントから得られるインカムゲインがあります。

FXでポジションを保有すると、ロールオーバーになる度にスワップポイントを稼ぐことができます。金利が高いことで有名なオーストラリアドルのポジションを保有すれば、毎日高額のスワップポイントを稼ぐことができるでしょう。

このように、FXにはキャピタルゲインを稼ぐ方法と、インカムゲインを稼ぐ方法の二種類があります。

成行と指値、逆指値とは?

成行と指値、逆指値とは?

「成行」、「指値」、「逆指値」はFXの注文方法のタイプのことです。

成行とは価格を指定せず、現在のレートで売買をする注文方法となります。注文をすればすぐに成立し、約定となるため、今すぐポジションを保有したいという時に使えます。

「指値」と「逆指値」は、価格を指定する注文方法となります。指値と逆指値はどちらも価格を指定するという意味では同じ注文方法となります。ただ、売買の方向が逆になるので注意しましょう。

指値注文の場合、現在の価格よりも高い価格で売る、もしくは現在の価格よりも安い価格で買う時に使用する注文方法となります。

逆指値の場合、現在の価格よりも高い価格で買う、もしくは現在の価格よりも安い価格で売る時に使用する注文方法となります。

例えば、現在の価格が1ドル100円だった時、1ドル110円までレートが上がったら売りたいと思うのであれば指値注文、1ドル110円まで上がったら買い注文を入れたいと考えているのであれば逆指値注文をそれぞれ入れることになります。

指値注文も逆指値注文も、指定した価格までレートが動かない限り、注文は入りません。そのため、成行注文と違い、注文を入れたからといってすぐに約定できるとは限らないので注意しましょう。

FXの稼ぎ方。初心者が覚えておかないといけない用語集

FXの稼ぎ方。初心者が覚えておかないといけない用語集

FXを始めるにあたり、まず以下の用語を覚えておきましょう。

「レバレッジ」
FXでは、レバレッジをかけることで証拠金の倍以上の金額の取引ができるようになります。例えば、証拠金が10万円で、レバレッジが10倍ならば、最大で100万円の取引ができるようになります。

約定金額が高くなると、それに比例してリターンが増えます。同時に、リスクも倍増します。FXではレバレッジが高ければ高いほど、より高額の取引ができるようになるのですが、取引金額が上がるということはリスクも上がることを意味します。

レバレッジをかけた取引をする際には、余計なリスクを背負わないように、取引金額に注意しましょう。

「証拠金」
FXの取引を始めるためには、FXのトレード口座にお金を入れる必要があります。この取引用のお金が証拠金です。

この証拠金の額が、取引に必要な金額に達していないと、取引ができません。例えば、10万円必要な取引をしたいのに、トレード口座の証拠金の額が10万円未満だと、証拠金不足のため、取引ができません。

FXを始める際には、取引にはいくら必要なのかを事前に計算しておきましょう。

「ロスカット」
ロスカットとは、FX会社が強制的にポジションを決済することです。なぜ強制決済をするのかというと、それは損失の拡大を防ぐためです。

FX会社では、損失の割合が一定水準以上に達すると、ロスカットを発動するというルールがあります。例えば、証拠金維持率が50%を割ったらロスカットをするというルールがあるFX会社の場合、ポジションを保有後に証拠金維持率が50%を割るような事態に遭遇すると、ロスカットルールが発動します。

「pips」
pipsとは、FXトレードにおける単位のことです。

1pipsは、為替レートの最小単位となります。例えば、1ドル123.45ドルだった場合、5の部分がpipsの1桁の部分に該当します。もしもこの1ドル123.45ドルのレートが1ドル123.67ドルまで円安が進んだ場合、差額は22pipsとなります。

最小単位はFX会社によってそれぞれ異なるものなのですが、1pipsはだいたい0.01円として扱われることが多いです。

初心者がつくっておきたいFXの取引所

初心者がつくっておきたいFXの取引所

 

 

FX会社 取引単位
外為オンライン 1000通貨
DMM FX 1万通貨
YJFX 1000通貨
FXブロードネット 1000通貨
SBIFXトレード 1通貨
みんなのFX 1000通貨
GMOクリック証券 1万通貨

 

FX会社といってもそれぞれです。初心者向きのFX会社もあれば、上級者向けのFX会社もあります。ここでは、初心者にオススメできるFX会社を紹介します。

外為オンラインなら4000円で始められる!

外為オンラインなら4000円で始められる!

 

取引単位 米ドル/円(スプレッド) キャッシュバック
外為オンライン 1000通貨 1.0銭 5000円

 

1000通貨から取引できる外為オンラインならば、4000円からであってもFXを始められます。証拠金が少額だと、たとえ思惑が外れたとしても、損失が少なく済みますので、初心者であっても安心です。FXの取引経験を積みたいという方ほどオススメのFX会社です。

初心者に20000円キャッシュバックDMM

初心者に20000円キャッシュバックDMM

 

取引単位 米ドル/円(スプレッド) キャッシュバック
DMM FX 1万通貨 0.3銭 20000円

 

DMM FXは国内でも特に人気の高いFX会社です。スプレッドが狭いFX会社となるため、取引コストが常に安いです。さらに、キャッシュバックの金額が2万円と高額です。DMM FXには他にも現金化可能なポイントが貯まるなど、嬉しいキャンペーンが豊富です。

YJFXも4000円から取引可。少額から始めたい人におすすめ

YJFXも4000円から取引可。少額から始めたい人におすすめ

 

取引単位 米ドル/円(スプレッド) キャッシュバック
YJFX 1000通貨 0.3銭 最大2万7000円

 

YJFXといえば、取引ツールが使いやすいことで有名な人気FX会社です。スプレッドは業界最狭水準のため、取引コストは圧倒的に安いです。その上、キャッシュバックの金額も業界では高水準となる金額なだけに、キャンペーンだけでもちょっとした儲けになります。

これらのメリットに加え、YJFXは1000通貨から取引できるFX会社です。1000通貨の取引ならば、レバレッジを25倍に設定することで、4000円からでも取引を始められます。低リスクな取引をしたい方から低コストな取引をしたい方、さらにはキャッシュバックが欲しい方など、あらゆるユーザーにとってオススメできるFX会社です。

自動売買で4000円から。外為オンラインのiサイクル

自動売買で4000円から。外為オンラインのiサイクル

 

取引単位 米ドル/円(スプレッド) キャッシュバック
外為オンライン 1000通貨 1.0銭 5000円

 

1000通貨から取引できる外為オンラインには、iサイクルと呼ばれる自動売買のためのツールがあります。iサイクルを利用すれば、取引経験がない初心者であっても、上級者同様の投資戦略を基にFXを始められます。

スポンサーリンク

4000円からでも取引できる環境に加え、iサイクルを利用できる外為オンラインは、初心者にとってメリットの多いFX会社です。

FXブロードネットはキャッシュバック20000円+4000円からスタート可

FXブロードネットはキャッシュバック20000円+4000円からスタート可

 

取引単位 米ドル/円(スプレッド) キャッシュバック
FXブロードネット 1000通貨 0.3銭 2万円

 

FXブロードネットといえば、業界でも特に狭い水準のスプレッドを提供しているFX会社で、自動リピート型注文の「トラッキングトレード」を使用できるなどの特徴があります。自動売買に興味がある方にほどオススメのFX会社です。

さらに、FXブロードネットのブロードライトコースならば、1000通貨から取引できるため、4000円からであっても取引が可能です。

新規口座開設者に対して最大2万円の現金をキャッシュバックするなど、魅力が多いFX会社です。

500円から取引出来るSBIFXトレード

500円から取引出来るSBIFXトレード

 

取引単位 米ドル/円(スプレッド) キャッシュバック
SBIFXトレード 1通貨 0.27銭 500円

 

SBIFXトレードといえば、1通貨から取引ができるなど、他にはない特徴を備えているFX会社です。1通貨から取引できる場合、レバレッジを25倍に設定すると、500円どころか4円からでもあってもFX取引が可能です。

流石に4円で取引をすると全く利益が出ないでしょうから、500円からスタートすると良いでしょう。SBIFXトレードのキャッシュバックを利用すれば、まったくお金をかけずにFXを始められます。

みんなのFXは50円から取引可能

みんなのFXは50円から取引可能

 

取引単位 米ドル/円(スプレッド) キャッシュバック
みんなのFX 1000通貨 0.3銭 最大5万円

 

みんなのFXは国内でも人気のあるFX会社で、スプレッドが狭い、1000通貨から始められる、キャッシュバックが高額など、様々な魅力のあるFXでもあります。

さらに、みんなのFXのサービスの一つである「みんなのオプション」を利用すれば、バイナリー取引を始められます。みんなのFXのバイナリー取引における購入価格は50円から990円までとなります。そのため、バイナリーオプションならば最小で50円からでも取引を始められます。

GMOクリック証券なら30000円のキャッシュバック

GMOクリック証券なら30000円のキャッシュバック

 

取引単位 米ドル/円(スプレッド) キャッシュバック
GMOクリック証券 1万通貨 0.3銭 3万円

 

GMOクリック証券はFX業界の大手です。スプレッドが狭いため、どこよりも低コストな取引ができます。さらに、キャッシュバックの金額も3万円と高水準となるため、キャンペーンを受けるだけでも大きな儲けとなるでしょう。

初心者が気にしておきたいリスクとは?

初心者が気にしておきたいリスクとは?

FXを始めるにあたり、まず最初に覚えておきたいリスクというと、それはロスカットです。

FXは株や外貨預金と違い、ロスカットの制度があるため、ポジションの長期保有は非常に危険です。株式投資をするような感覚でポジションの塩漬けをすると、突然の価格変動をキッカケに大損を被り、強制的にポジションを決済される恐れがあります。

いくらスワップポイントが儲かったところで、大損を食らった後にロスカットされてしまったのでは意味がありません。FXを始める際には、必ずロスカットのリスクがあることを認識してください。

次に、FXには相場が変動するリスクがあることをよく心に留めておいてください。

FXの対象である為替相場とは、常に上下に動いているものです。一方的に上昇、もしくは下降し続けるということは滅多にありません。円高になることもあれば、円安になることもあります。

そもそも株と違って為替はレートが上昇すれば良いというものではありません。輸出が盛んな日本にとって円安は確かに一見すると有利に見えますが、だからといって円安が行き過ぎると今度は国内の輸入業者などが大ダメージを被ることになります。

円が安くなりすぎるとそれに反発するようにして円高になりますし、その反対で円高になりすぎると今度はそれに反発して円安になるものです。このように、為替は常に上下に激しく動き続けるものだけに、一方的にトレンドが長く続くということはほとんどないのです。

FXの世界において、為替レートは常に動いているのですが、どちらに動くのかを完璧に予測することは誰にもできません。常に変動のリスクがある以上、意味のない長期保有は避けておきましょう。

まだFXをやったことがない初心者の場合、ポジションの長期保有は避けた方が無難です。利益が出たら利確、損失が出たら損切りを必ず実践しましょう。

損切しないFXで勝てるテクニックと手法。現物を持ち続けるのが吉

FXはポジションを保有していなければ、リスクを被ることはありません。取引をする時だけポジションを保有し、それ以外の時間帯は極力ポジションを決済しておきましょう。特に金曜日の新規エントリーは避けた方が無難でしょう。

金曜日は平日の最終日ということもあってか、動きが複雑になりやすいです。なにより、金曜日の次は土曜日で、FXができません。もしも金曜日にポジションを決済せず、そのまま休日を迎えると、土曜日や日曜日に起こった価格変動が原因で、月曜日早々に大損する恐れがあります。

そのような事態を回避するためにも、金曜日の市場終了前までにはポジションは決済しておきましょう。金曜日にポジションをすべて決済しておけば、価格変動に悩まされることなく、安心して休日を迎えることができます。

トレンドを理解する。上昇トレンド押し目買い・戻り売り

トレンドを理解する。上昇トレンド押し目買い・戻り売り

FXの相場は大きく分けると、トレンド相場とレンジ相場の2つに分類することができます。このうち、トレンド相場がもっとも簡単に稼げる相場となります。その反対で、レンジ相場はもっとも稼ぎ難い相場となりますので、初心者のうちはトレンド相場にだけ注視しましょう。

トレンド相場は上昇トレンドと下降トレンドの二種類に分けることができます。このトレンド相場に対する理解を深めることができれば、FXで利益を出すことが簡単になります。

トレンドを理解するにあたって、まず押し目買いと戻り売りについて解説します。

押し目買いの「押し」とは、上昇トレンドが発生している最中に一度レートが下がる現象のことを指します。

上昇相場といっても、常に一方的に価格が上昇するということはありません。上昇トレンドは、大きく上昇した後に、一旦下落することがあります。この下落のタイミングこそが押し目買いにおける「押し」のタイミングとなります。

上昇トレンドが発生している最中に買い注文を入れる際には、この押しが出るまで待つことになります。押しが発生し、価格が一旦下落した後に買い注文を入れることで、その後に発生する価格の上昇トレンドに上手に乗ることができます。

押し目買いが成功すると、上昇トレンドが発生している最中に大きなリターンを狙うことができます。

次に戻り売りについて説明します。

下降トレンドが発生している最中に、相場が売られ過ぎることで一時的に反発し、レートが上昇することがあります。その上昇のタイミングのことを「戻り」と呼びます。この戻りが発生した後に売り注文を入れることを戻り売りと呼びます。

上昇トレンドの時と同様に、下降トレンドも一方的に価格が常に落ち続けるということはありません。時には調整が入り、一時的に価格が上昇することがあります。

戻り売りでは、戻りが発生したら、再び下降トレンドに転じる前に売り注文を入れ、ショートポジションを保有することになります。

売り注文を入れ、ショートポジションを保有した後に再び下降トレンドが始まると、レートが下がった分だけ利益を得ることができます。

押し目買いは上昇トレンド、戻り売りは下降トレンドが発生している時に使用する取引の手法です。

下降トレンド。押し目・戻り

下降トレンド。押し目・戻り

下降トレンドが発生している時は、基本的に戻りが発生するまで待つことになります。戻りが発生した後に売り注文を入れることで、より大きな差益を狙うことができます。

もしも戻りが発生する前の、価格が落ちている時に売り注文を入れると、戻りが発生した時の急な上昇に巻き込まれ、大損を被る恐れがあります。そのような事態を回避するためにも、下降トレンドではいつ戻りが発生するのかを見極める必要があります。

戻りが発生したタイミングさえ見極めることができれば、下降トレンドは大きな利益を得るチャンスとなります。その一方で、戻りを押し目だと勘違いすると、大損する恐れがあるので注意しましょう。

相場が下落し、その後に価格が高騰すると、一見すると押し目が発生した後のように見えます。これが上昇相場における押し目ならば、この価格上昇のタイミングに合わせて買い注文を入れることで、上昇トレンドに乗り、大きく利益を得ることができるでしょう。

しかし、下降トレンドが発生している最中に発生する押しは、基本的に騙しになることが多く、そのまま反転してすぐに元の下降トレンドにおさまる確率が高いです。

同じことは、上昇トレンドが発生している最中の戻りについても言えます。

押し目買いは上昇トレンド、戻り売りは下降トレンドが発生している最中に効果を発揮する手法です。これらの手法を使用する際には、必ず現在のトレンドは上か下かを事前に見極めておきましょう。トレンドの流れを間違えると、押し目買いや戻り売りは効果を発揮しないばかりか、大損のキッカケとなります。

枚数で稼ぐ?ピップスで稼ぐ?

枚数で稼ぐ?ピップスで稼ぐ?

FXは、たとえ価格に動きが無かったとしても、枚数を増やすことで大きく稼ぐことができます。

例えば、1ドル100.00円のレートが動き、1ドル100.01円まで円安になったとします。一見すると0.01円という軽微な動きのため、大した利益は狙えないように感じられます。

しかし、枚数を増やせば、たった0.01円の値動きで大きな利益を稼ぐことができます。仮に100万通貨で取引をするとした場合、100万通貨分のロングポジションを1ドル100.00円の時に保有し、0.01円分の値動きによる利益が生じた後に決済をすると、1万円の利益を獲得できる計算となります。

このように、取引の枚数を増やすと、価格変動が小さくても、稼ぐことが可能です。ただし、このような手法は高額の証拠金があってはじめて実践できるやり方です。

まだ枚数で稼げるほどの資金が無い場合は、pipsで稼ぐようにしましょう。

たとえ資金が少なくても、しっかりとpipsを稼ぐことができれば、資産を短期間で大きく増やすことができます。

同じ利確でも1pips分の利確と、100pipsの利確では、利益に100倍以上の開きがあります。

FXの取引をしていると、時には負けることもあるでしょう。しかし、負けた時のpipsを、勝った時のpipsが常に上回っていれば、しっかりと利益を残すことができます。

トレードの基本は損小利大です。トレードをする際には、どうすれば大きくpipsを稼げるのか、どうすれば損失分のpipsを減らすことができるのかなどを考え、戦略を練りましょう。

デイトレードがまずはおすすめ

デイトレードがまずはおすすめ

今まで一度もFXをやったことがない初心者の方の場合、デイトレードがオススメです。

デイトレードとは、1日で売買を完結させる短期投資のことを指します。

デイトレードは確かにスイングトレードと比べると、ポジションの保有期間が短いです。そのため、一回あたりのトレードで稼げるpipsが小さくなりやすいというデメリットを抱えています

その一方で、取引の終了に合わせて必ずその日のうちにポジションをすべて決済するため、不測の事態に見舞われる心配がほとんどありません。

FXで一番怖いのは、ポジションを保有したまま取引を終えた後に発生する価格変動です。この価格変動が思惑通りの展開であれば問題ないのですが、もしも就寝中に思惑とは反対方向に相場が大きく動くと、大損する恐れがあります。場合によっては、寝ている間に強制ロスカットを受けることもあるでしょう。

もちろん、デイトレードであっても思惑を外せば損失を受けることになります。しかし、自分が取引に参加している間に発生した損失ならば、いつでも自分の手で損切りができるので、損失の拡大を未然に防げます。

ポジションの保有時間が短いデイトレードならば、常に自分の手でリスクをコントロールできるため、初心者であっても安心なのです。

少額でスキャルピングってどう?

少額でスキャルピングってどう?

スキャルピングといえば、デイトレード以上に短いスパンで取引をする手法のことです。

デイトレードが1日で取引を完結させるのに対し、スキャルピングの場合は秒や分単位で取引を行うため、新規注文から決済までの間隔が非常に短いです。

このようにトレード時間の間隔が短いスキャルピングは、一見すると上級者向けの手法なのですが、その一方で初心者にも実は向いています。

というのも、スキャルピングは取引時間が極端に短い手法のため、大損する前に決済することがとても多いからです。

たとえ思惑が外れたとしても、わずか数十秒から数分で一気にレートが傾き、大損するということは滅多にありません。レートというのは、時間をかけて上昇、もしくは下降するものです。

その点、スキャルピングではちょっとでも損失が出たらすぐに決済をしてしまうため、大損の危険がほとんどありません。もちろん、トレード終了後にポジションを保有することもないため、就寝中にレートが激変したとしても損失を被ることがなく、安眠できます。

このように、大損の心配がほとんどないため、スキャルピングは実は初心者にオススメだったりします。ただし、あくまでスキャルピングは初心者でも大損し難い取引スタイルなだけであり、初心者でも勝てる手法というわけではありません。

スキャルピングで勝てるようになるためには、知識以上に経験が必須です。まだ一度もFXをやったことがない初心者が勝てるほど甘い世界ではないです。

初心者がスキャルピングを始める場合、100回以上は負ける覚悟を持っておいた方が良いでしょう。あまりにも負けが続くと、たとえ小さな損失でも、積み重なることで大損につながる恐れがあります。

損失が発生しても大丈夫なように、スキャルピングを始める場合は、少額で取引しましょう。

少額で中長期トレードってどう?

少額で中長期トレードってどう?

スイングトレードやポジショントレードのような、中長期スパンのトレードをする場合、少額から始めた方が良いでしょう。

中長期のトレードをするとなると、時には急な価格変動に巻き込まれることがあります。一度も価格変動に巻き込まれることなく、取引を無事に終えられる可能性はほとんど0に近いです。

それだけ為替というのは常に荒々しく動いているものです。そのため、中長期のトレードをする際には、たとえ価格変動があったとしても耐えられるように少額から始めましょう。

高額の中長期トレードを実践し、いざ価格変動に巻き込まれると、大損を被る恐れがあります。FXにロスカットのルールがある以上、含み損が一定水準以上まで達すると、自動的にポジションはすべて決済され、取引は終了となります。

このようなロスカットのリスクを排除するためにも、中長期のトレードをする際には必ず少額から始めましょう。

少額からトレードをすれば、資金に余裕があるため、たとえ相場が変動したとしても最後まで耐えることができます。

システムトレードって少額で始めるてもいいの?

システムトレードって少額で始めるてもいいの?

どうやったらFXで勝てるのかわからず、不安だと思うのであれば、システムトレードから始めることをオススメします。

システムトレードならば、常にプログラム通りに取引を繰り返してくれるため、裁量トレードにありがちな失敗がありません。なにより、システムトレードならば、たとえ初心者であっても上級者と同じような感覚で取引ができるという利点があります。

もちろん、システムトレードだって、時にはトレードで負けることもあります。そのため、システムトレードを始める際には、一回や二回は失敗しても大丈夫なように、少額から始めましょう。

少額からシステムトレードを始めれば、たまに失敗したとしても、致命的な損失を受けずに済みます。そればかりか、失敗した経験を活かし、その後に勝利を積み重ねることで、将来的には失敗を挽回することもできるでしょう。

システムトレードは、取引に自信がない方にほど、オススメの手法です。

エントリー入りはチャートを見て

エントリー入りはチャートを見て

FXで儲けるためには、まずエントリーをする必要があります。ただ、一体どのタイミングでエントリーをすれば良いのでしょう?

エントリーのタイミングを知りたいのであれば、テクニカル分析を実践しましょう。テクニカル分析を実践することで、チャートのどこで売買をすれば良いのかが視覚的にわかるようになります。

移動平均線やMACDなどのインディケーターをチャート上に表示すれば、ゴールデンクロスやデッドクロスのタイミングが視覚的にわかるようになるため、より簡単にエントリーのタイミングを知ることができるでしょう。

テクニカル分析は、売買のタイミングを探る上で非常に役立つ分析方法です。エントリーのタイミングを知りたい時は、テクニカル分析を学び、そしてチャートをよく観察しましょう。

スプレッド差は少額でも重要

スプレッド差は少額でも重要

FXを始める際には、必ずスプレッドにも注目しましょう。

スプレッドとは買値と売値の差のことで、この差が広くなればなるほど、それに応じて取引コストが高くなります。

最近は売買手数料が無料のFX会社が増えているため、手数料についてはそれほど心配する必要はありません。

ただ、いくら手数料が無料だからといって、スプレッドが広いFX会社を利用すると、そのスプレッド分だけ常に不利なレートを強いられることになります。FXを始める際には、スプレッドが狭いFX会社を選びましょう。

特に、デイトレードやスキャルピングのような、短期売買をする予定があるという方の場合、尚更スプレッドには注目しましょう。

スキャルピングのような取引の間隔が短い投資スタイルを実践する場合、大損するリスクが少なくなる一方で、一回のトレードで獲れる利益も小さくなる傾向があります。

スキャルピングの場合、1回あたりのトレードで獲れる利益というと、5pipsから15pipsぐらいとなります。

仮に1回あたり3pipsの利益しか獲れないトレーダーがいるとして、そのトレーダーがスプレッド3pipsのFX会社を利用すると、スプレッド分の損失が常に発生するため、利益が無くなってしまいます。

スプレッドが狭いからといって安心してはいけません。トレードルールを作成する際には、スプレッドを考慮に入れた上で、利確や損切りの水準を設定しましょう。

スワップポイントは少額でも考えるべき?

スワップポイントは少額でも考えるべき?

スワップポイントを継続的に稼ぐためには、ポジションを長期保有する必要があります。そのため、価格変動のリスクを回避するためにも、少額からトレードをした方が良いのですが、取引数量が減ると、それに比例してスワップポイントも減ってしまいます。

あまりにもスワップポイントが少ないようであれば、いっそのことスワップポイントは無視してしまった方が良いでしょう。

もちろん、今後1年以上ポジションを保有する予定だというのであれば、少額であってもやってみる価値はあります。ただ、デイトレードやスキャルピングのような、短期売買のついでにスワップポイントを稼ごうと考えているのであれば、止した方が良いでしょう。

スワップポイントの利益を狙うあまり、価格変動に巻き込まれ、大損してしまったのでは意味がありません。そのような事態を防ぐためにも、少額しか稼げないようであればスワップポイントは無視した方が良いでしょう。

いきなり専業にはならずにまずは副業で

いきなり専業にはならずにまずは副業で

FXは確かに難易度が高い世界です。FX初心者のうち、1年後も生き残れる人の割合は1割にも満たないでしょう。ただし、中には幸運が続き、FXで利益を出せる初心者もいます。

そして、そういう初心者に限って長続きせず、運が尽きるのと同時に大損し、資産を失うものです。

FXは本当に実力で稼げているという自信がつかない限りは、専業にはならない方が良いでしょう。あくまで兼業、もしくは副業の感覚でやった方が良いです。

仕事を辞めて専業になると、もしもFXで失敗した時、収入が断たれてしまいます。そうなると、生活すら危うくなります。そのような致命的なリスクを避けるためにも、いきなり専業から始めるのは止した方が良いでしょう。

ギャンブルという考え方は捨てるべき

ギャンブルという考え方は捨てるべき

FXは投資であり、ギャンブルではありません。ただ、そのような辞書的な意味は承知の上で、それでも収益性の高さを見てFXはギャンブルだと言う方は多くいます。

もしもこれからFXを始める予定ならば、そのような考え方は捨てた方が良いでしょう。なぜなら、FXは欲が強い人ほどよく負けるからです。

欲が強い人というのはちょっとしたことで感情的になりやすく、冷静な判断力を失いやすいです。FXは感情的であり続ける限り、勝てる見込みはありません。勝つためには冷静な判断力が必要です。

FXをギャンブルだと捉えている限り、FXで勝てる見込みは薄いです。

デモトレードで様子を見るのもあり

デモトレードで様子を見るのもあり

FXについて学びたいのであれば、デモ口座を開設しましょう。

デモ口座を開設すると、無料でFXを体験できます。あくまでデモンストレーションとなるため、現実のお金は使用しません。そのため、デモ口座でいくら負けても損はありません。

デモ口座で取引のやり方やコツ、勝ち方を学んでからFXを始めましょう。そうすることで、初心者がやりがちな失敗やミスを事前に排除し、余計なリスクを回避することができます。

スポンサーリンク

仮想通貨女子

下記で紹介している取引所は全て無料で登録出来ます。

もちろん全て私が使用している取引所のみを紹介してます。


口座開設で20000円キャッシュバック


口座開設でなんと20000円のキャッシュバック

もちろん登録は無料!3分で入力可能なので作っておくだけでも損はありません
たった3分で登録完了lineで 問い合わせ可能初心者にも上級者にもおすすめの取引所はDMMFX


dmmfx




1通貨から取引可能SBIFX(無料)


なんと手数料が無料

ドル円のスプレッドがなんと約0.27銭