スポンサーリンク

FXの分野で有名な「GMO」が仮想通貨取引に参入。GMOコインという名前のサイトが2017年に始動しました。
GMOコインは、取引手数料も即時入金手数料も日本円出金手数料も無料(レバレッジの手数料は発生します)
顧客目線で寄り添っていると、多くの投資家から支持を獲得しています。

GMOコインはPCからアクセスするのが基本ですが、スマホアプリも登場しています。
今回は、GMOコインのスマホアプリについて、ダウンロード方法から取引の方法まで、手順を詳しく解説していきたいと思います。

※先に記載しておきますが、GMOコインのスマホアプリでは現物取引はできません。
現物取引のみを希望するなら、こちらのアプリには向きません。PCのGMOコインから販売所を利用しましょう。

※GMOコインでの取引は対GMOとの取引です。一般的な仮想通貨取引所のような他の投資家との取引ではありません。

リップルが購入出来る!

FXも出来る安全性の高いGMOコインの取引所は以下からどうぞ

GMOコインのアプリダウンロード方法

gmoコインのアプリ
GMOコインのアプリこと、「ビットレ君」を利用するには、GMOコインへのアカウント登録と口座開設が必要です。
持っていない場合はまずそこから始めましょう。
アカウント登録と口座開設は、PCのGMOコインにアクセスすれば行えます。

ちなみにビットレ君はandroidにもiPhoneにも対応しています。
一時iPhoneからのダウンロードで不具合が発生したという報告があったようですが、少し期間が開いていることもあり、おそらく現在は普通にダウンロードできるのではないでしょうか。
万が一不具合が発生したり、エラーになったりしたらGMOコインのサポートに連絡してみましょう。

ダウンロード方法は一般的なアプリと同じ。
スマホでビットレ君を検索してダウンロードしていけば大丈夫です、
ビットレ君のダウンロードが完了したら、ビットレ君を開いて初期設定に移りましょう。

ビットレ君は、365日24時間ビットコインの取引が可能となっていて、仮想通貨FX取引に必須の建玉、サマリー、建玉一覧、注文一覧、約定履歴も確認することができます。

スマホのアプリですが、中身が濃くて魅力的だといえるのではないでしょうか!

初期設定について

「ビットレ君」を開いて、GMOコインで登録したメールアドレスとパスワードを入力してログインします。
メニューに「トレード」という項目があるので、そちらをタップすると、ビットレ君の目玉である仮想通貨FXトレードが可能になります。

対応している仮想通貨の銘柄は?リップルやイーサリアムも投資できる?

ビットレ君では、今のところビットコインのみ売買が可能です。
GMOコイン自体がまだ登場してからそれほど期間が経っていなくて、これから成長していくとされています。

今後リップルやイーサリアムといったアルトコインも対応していく可能性は充分あるのではないでしょうか。
期待したいところです。

GMOコインのチャートの見方

「ビットレ君」ではスマホのアプリでありながら、チャートを事細かに確認することができます。
チャートの設定画面では「チャートエリア」と「テクニカルエリア」という2つのタブがあります。
それぞれの特徴を確認してみましょう。

「チャートエリア」のタブから設定できるのは以下の項目です。

・単純移動平均
期間について定める等しない単純な平均値です。おそらくもっとも見やすいと感じられます。

・指数平滑移動平均
1つのデータに注目するのではなく、複数のデータを平等に扱い平均値を確認する指標です。

・ボリンジャーバンド
平均値からどれくらい変動しているかを一目で確認できるチャートです。

・一目均衡表
複数の要素を総合的に分析し、一目で相場の均衡状態を把握するための指標です。

・平均足
ローソク足と高値と安値は同じように表示されるものの、始まり値と終値は違います。
始まり値は前の足の実態の始まり値と終値の中心に、終値は当日の始値と高値と安値と終値の平均が表示されます。

・マグネットモード
チャート上にラインを描く際、ローソク足の高値と安値にピンポイントに張り付いていて、ラインを引きやすくするモードです。

「テクニカルエリア」のタブで設定できるのは以下の項目

・MACD
短期、中長期の移動平均線を使用することで売りと買いを確認できる指標です。

・RSI
RSI(相対力指数)は、値上がり幅と値下がり幅を活用しています。
買われすぎているのか、売られすぎているのか確認することができる指標です。

・DMI/ADX
価格の変動幅を指標化することで、トレンドの方向性や強弱を確認します。

・ストキャスティクス
一定期間中の高値、そして安値を活用。
買われすぎているのか、売られすぎているのか確認することができる指標です。

・RCI
一定期間中の終値を高い順で並べた順位と、現在から近い順番で並べた順位で分析します。

このように色々と設定できるので、チャートをみることに慣れている投資家にとっては、非常に使い勝手のよい便利なアプリだといえます。
ただ、投資初心者でチャートの見方を少しずつ覚えているときだと、たくさんありすぎて逆に面倒に感じる可能性もあります。

スポンサーリンク

チャートは上記で設定したものに合わせて表示されます。
表示される場所がスマホの画面になるだけで、PCでみるチャートと仕組み自体は変わりません。
どのチャートが便利か、という点では投資家次第です。複雑なチャートはみないという投資家もゼロではありません。
どれが絶対正しいという基準はないので、使いやすい、見やすいと感じるチャートでチェックするようにしましょう。

GMOコインのアプリはセキュリティもいい?二段階認証は可能?

ビットレ君はセキュリティ面も安心して良いといえるかと思います。
二段階認証も可能となっています。
GMOのアプリだけあって、その点は信頼性が高いといえるのではないでしょうか。

GMOコインのアプリは手数料も一緒?

GMOコインは手数料が無料ということで知られていますが、ビットレ君でももちろんGMOコインと同様で、基本的に手数料はかかりません。
ただしレバレッジについては、建玉ごとに0.05%/日です。

GMOコインのアプリの入金方法について

ビットレ君で投資を行うには、日本円を入金している必要があります。
先ほど、ビットレ君の利用にあたってGMOコインで口座を開設している必要があると記載しましたが、口座の開設には少々時間がかかるので狙ったタイミングを見つけたら開設するのではなく、仮想通貨FXを行うかどうかわからない時点でも開設をしておくべきです!
そうすることでチャンスにぴったり寄り添うことができます。

ビットレ君で入金を行う際には、画面上の左下のツールバーの一番左側「ホーム」をタップします。
そして表示される「即時入金」という項目をタップしてください。

※ビットレ君では即時入金だけに対応しています。通常の銀行振込での入金には対応しています。
PCのGMOコインなら銀行振込に対応しているので、希望する方はPCから確認してください。

上記の続きに戻ります。
「即時入金」をタップしたら、「楽天銀行」「住信SBIネット銀行」「ペイジー」という項目が3つ並んで表示されるので、希望のものをタップしてください。

金額を入力する画面に切り替わるので、希望金額を入力します。
※この時点でやっぱり辞めてしまったとしても入出金履歴には残ります。ただし、実際にお金は動かないみたいなので安心してください。

金額を入力したら、各銀行に合わせて該当するものをタップしに「即時入金のお手続きが完了しました」と表示されたら入金は無事に完了です。

実際に投資を行うにはどうするべき?

画面下に表示されるツールバーの項目「トレード」をタップすると「BID(売)」「(買)ASK」を選択することができるようになり、仮想通貨FXが可能になります。

画面下に表示されるツールバーの「トレード」の隣、「スピード注文」を選択すると、即時に注文を成立させることができます。
どちらか好きな方法で注文を行いましょう。
※ビットレ君は仮想通貨FXです。現物取引ではありません。

ちなみに、ビットレ君の「トレード」画面からの注文方法は以下の通りです。
「トレード」画面にタブが表示されるので、それを選択することで対応できます。

・成行(注文)
値段を指定せずに、その時のビットコインの相場で取引をする方法です。
すぐに売買したいならこの方法があっています。

「成行」のタブを選択すると「スリッページ」という入力できる項目がありますが、スリッページとは注文した価格と実際の価格の差のことです。仮想通貨は全体的にチャートが不安定になりやすい傾向を持ちますが、チャートが不安定に動いている際に成行注文すると、このスリッページが発生してしまう可能性があります。
GMOコイン(そしてビットレ君)では、スリッページの許容を、投資家側が0円から999円まで指定することが可能となっています。
その辺も、GMOコインが評判の良い理由かもしれません。

・通常(注文)
この方法を選択すると、「指値」か「逆指値」か選択できます。

・OCO
指値レートと逆指値レートを同時に指定できます。
どちらかの注文が確定すれば、もう一つのほうは自動的にキャンセルになります。

・IFD
2つの注文を同時に指定して、最初のほうが確定すれば、次に2つ目のが自動発注されます。

・IFDOCO
上記で記載したIFDとOCOをさらに組み合わせた注文方法です。

GMOコインのアプリ「仮想通貨FX」の使い方

ビットレ君は現在のところビットコインにしか対応していないので、銘柄を変更したりとか、各銘柄にチャートの表示を変更したりとか、そのようなことは必要ありません。

注文方法は複数から選択できたり、チャートの見方も設定を細かく変更できたりと、いわゆるいじれる機能は多いです。
だからこそ一見複雑で難しそうに感じてしまうのですが、しかし、ビットコインしかないためか少し触っているとシンプルに感じられると思います。

ビットレ君を1~2回いじれば、使い方もすぐに慣れるのではないかと思います。

チャートについては、どのテクニカル解析を設定すればベストかどうかは決まっていません。
その点は本当に投資かの好みによりけり。
複数のチャートをみない投資家もいないわけではないので、まずは自分にとって使いやすいチャートを参考にすると良いのではないでしょうか。

仮想通貨FXのレバレッジは5倍!(証拠金率20%)

ビットレ君のレバレッジは原則5倍です。
ただし、GMOコイン側の資産審査次第では、レバレッジを15倍、25倍と引き上げることが可能です。

GMOコインのアプリでできることのまとめ

ビットレ君は、仮想通貨FXのアプリです。
現物取引を希望する方は、PCのGMOコインの販売所で取引を行うようにしましょう。

ビットレ君では、365日24時間取引が可能となっています。
通常のトレードと、タップ1つで取引できるスピード注文に対応しています。スピード注文なら、相場の変動に影響を受ける前に対応できます。
チャートは9種類を設定可能。好みに合わせて詳細にチャートをみることができます。

GMOコインのアプリは仮想通貨投資の必須?


GMOコインのアプリことビットレ君は、仮想通貨FXのためのアプリです。
一般的な取引所とは違い、取引所にウォレットを開設して行う現物取引とは違います。
現物取引を希望する方には向かないアプリだといえます。
PCからアクセスするGMOコインのサイトでは、現物取引が可能なので、現物取引を希望するならビットレ君をダウンロードせずに、PCだけで事足ります。

ビットレ君自体はとても便利です。
スマホアプリでありながらチャートも細かく、好みで設定できて見やすいですし、魅力的なアプリではあると思います。
特に現物取引のみにこだわっているというわけではないなら、ダウンロードしておいても損はないアプリではないでしょうか。
ダウンロードやGMOコインへの口座開設は無料です。

興味がある方はまずはビットレ君のダウンロード、GMOコインへのアカウント登録がまだの方はアカウント登録から始めてみてくださいね。
ビットレ君は使いやすいですが、仮想通貨取引はリスクがあるものなので、その点については注意しながら投資を行っていきましょう。

スポンサーリンク

仮想通貨女子

下記で紹介している取引所は全て無料で登録出来ます。
もちろん全て私が使用している取引所のみを紹介してます。


手数料の安いビットバンク(無料)


リップルの手数料のキャンペーン中手数料の安い取引所ならビットバンク

ビットバンクは仮想通貨の上場も多く、手数料も安い取引所です
たった1分で登録完了手数料を安く仮想通貨売買をが多い方におすすめの取引所です


bitbank


ビットバンクの口座開設方法と登録方法について大解説

FX手数料の安い取引所GMOコイン(無料)


FX取引をするならスプレッド手数料の安いGMOコインにしましょう。

GMOコインはFXのチャートが見やすいのも特徴で、アプリが使用しやすいです。
たった1分で登録完了スマホでFX仮想通貨売買をが多い方におすすめの取引所です



仮想通貨販売所でFXをやるならGMOコインがおすすめ

海外の仮想通貨なら日本語対応のあるbinance(無料)


binance
海外の仮想通貨取引所は日本語サポートも行っているbinanceにしましょう

binanceであれば日本にはない仮想通貨も購入する事が出来ます
たった1分で登録完了し、海外の仮想通貨売買をしたい方はbinance



中国の仮想通貨取引所 Binance (バイナンス)の口座開設方法とと登録方法を解説

海外仮想通貨のFXはbitmex(無料)


bitmex
BITMEXはハイレバで仮想通貨FXが出来る仮想通貨取引所です

追証なしでハイレバFXが可能な事が魅力です
たった1分で登録完了し、追証なしの安全な海外FXを楽しみたい方はBITMEX



bitmexの登録方法と使い方。レバレッジかけられるけど追証はなし!