スポンサーリンク

lineフィナンシャル

メッセージアプリで有名なLINEが、とうとう仮想通貨産業に参入することが明らかになりました。
一体どういった会社なのか、どんなサービスが利用できるのか?この記事の中で解説していこうと思います。

LINEがいよいよ仮想通貨に参入!LINE フィナンシャルって何?

2018年1月10日、LINEが仮想通貨を取り扱うLINEフィナンシャルを設立しました。
会社の規模を図る資本金は50億円で、代表は本社と同じく出澤社長が務めます。
金融事業としてはLINEPayに続いてのことです。

LINEPayとはモバイル端末で支払いができるシステムで、iPhone/Androidの両方に対応しています。
LINEのアカウントさえ知っていれば、送金ができたり、送金依頼や友達と割り勘での支払いが出来たりとかなり便利な機能として知られているんです。

LINEアプリ内とプリペイドカード型の支払い方法があり、クレジットカードでオートチャージする方法と銀行口座やコンビニで支払う方法から選べます。

LINEのコンテンツの購入にも対応するなど、利便性が高いことから急速に利用者の幅が広がり昨年度はなんと全世界4,000万人のユーザーが4,500億円もの取引をしたことが明らかになっています。

さらにLINEのオンラインショッピングサイトであるLINEショッピングも人気で、購入可能なアイテムは3,000点を超えるほど。

今回のLINEフィナンシャル創設により、これらの既存のサービスもより充実しそうですよね。

LINEフィナンシャルは取引所なの?仮想通貨は何を取り扱う?

2018年3月現在、詳細な事業内容は明らかになっていません。
しかし、メディア用のプレスの文章の中にはビットコインなどの通貨の販売と記載されているので、ビットコインは確実に取り扱うようですね。

しかし、同じくインターネット関連の事業で最近仮想通貨に参入してきたGMOやDMMはアルトコインの取り扱いもしているのでlineフィナンシャルも同様の動きがあると感じます。

とはいえ、日本の仮想通貨交換事業者は、基本的には金融庁の認可するホワイトリストに記載されているコインの取り扱いになるのは間違いないでしょう。

それらを鑑みてlineフィナンシャルで取引ができそうなアルトコインは、

スポンサーリンク

・イーサリアム
・リップル
・ビットコインキャッシュ
・ライトコイン
・NEM
・モナコイン

などが挙げられます。

国内の取引所との兼ね合いでイーサリアムとビットコインキャッシュは可能性が高いですが、個人的にはライトコインが上場するといいなあと思っています。

lineフィナンシャルで行われる可能性のある事

さて、lineフィナンシャルでは仮想通貨事業の他にどんなサービスが始まるのでしょうか?

公式の声明文には仮想通貨の他に、保険やローン事業なども手掛ける予定だと記載されていました。
さらにLINEpayなどの既存の金融事業のサポートや、ICOも予定しているんだとか。

LINEがICOを行えば、とても多くの人が参加して人気が出そうですね。
ICOを行うということは、ブロックチェーンを用いたプラットフォームの開発の可能性も大きいということ。

社名がフィナンシャルと、仮想通貨に限定していないことから同社の金融事業にブロックチェーンに利用することも予想されます。

たとえばLINEPAYのように、友達登録をしていたりIDが分かれば仮想通貨を送金できたりするようになるかも…
さらにLINEPayの決済ができる店舗で、仮想通貨支払いができるようになればより多くの人が仮想通貨を利用できるようになりますね。

LINEはもともと韓国のNAVER社が開発したもので、アジア圏を中心に人気が高いです。
日本の他にもタイや台湾などで通信手段として利用されているそうなので、たとえば海外旅行の買い物が今までよりずっと便利になるかもしれません。

さらに東南アジアでは銀行口座を持たない人も多くいるため、そういった人々が銀行と同程度の金融サービスを利用できるためのフィンテック事業に乗り出すのでは?という予想を立てる人もいます。
かなり大きな視野で進められているプロジェクトのようですね。

lineフィナンシャルはいつから登録出来るの?

lineフィナンシャルは会社設立が明らかになったのが2018年1月31日ですので、サービス開始にはまだしばらくかかりそうです。

奇しくも、コインチェックの不正出金事件の影響が大きかったためあまり報道されなかったのですが、同じ時期には楽天、メルカリなどの企業も仮想通貨市場に参入することが明らかになっています。

2018年はこれらのメガベンチャー企業だけでなく、野村証券・MUFGなど歴史ある企業もブロックチェーンや仮想通貨を導入しています、

いよいよもって成熟の期に入ってきた感のある仮想通貨、各社のこれからの動きが楽しみですね。

スポンサーリンク

仮想通貨女子

下記で紹介している取引所は全て無料で登録出来ます。
もちろん全て私が使用している取引所のみを紹介してます。


FX手数料の安い取引所GMOコイン(無料)


FX取引をするならスプレッド手数料の安いGMOコインにしましょう。

GMOコインはFXのチャートが見やすいのも特徴で、アプリが使用しやすいです。
たった1分で登録完了スマホでFX仮想通貨売買をが多い方におすすめの取引所です



仮想通貨販売所でFXをやるならGMOコインがおすすめ

手数料の安いの取引所はこちら(無料)


手数料の少ない取引所はzaif

手数料がもっとも安い上、モナコイン、トークンなどがあります。
たった1分で登録完了し、ビットコインやトークンの売買したい方はzaifにお任せ
手数料の安い取引所を使用するならzaif

登録は下記のバナーから1分で行えます




zaifザイフの登録方法と手数料!メリットとデメリット

手数料の安いビットバンク(無料)


リップルの手数料のキャンペーン中手数料の安い取引所ならビットバンク

ビットバンクは仮想通貨の上場も多く、手数料も安い取引所です
たった1分で登録完了手数料を安く仮想通貨売買をが多い方におすすめの取引所です



ビットバンクの口座開設方法と登録方法について大解説

海外の仮想通貨なら日本語対応のあるbinance(無料)


binance
海外の仮想通貨取引所は日本語サポートも行っているbinanceにしましょう

binanceであれば日本にはない仮想通貨も購入する事が出来ます
たった1分で登録完了し、海外の仮想通貨売買をしたい方はbinance



中国の仮想通貨取引所 Binance (バイナンス)の口座開設方法とと登録方法を解説

海外仮想通貨のFXはbitmex(無料)


bitmex
BITMEXはハイレバで仮想通貨FXが出来る仮想通貨取引所です

追証なしでハイレバFXが可能な事が魅力です
たった1分で登録完了し、追証なしの安全な海外FXを楽しみたい方はBITMEX



bitmexの登録方法と使い方。レバレッジかけられるけど追証はなし!

話題の海外コインならHUObiにお任せ(無料)


huobi
海外の仮想通貨取引所はhuobinajcoinも扱ってます

日本人も問題なく利用出来、分かりやすいのが特徴。
たった1分で登録完了し、中国で人気のコイン売買をしたい方はhuobi



huobiの登録方法と使い方。日本語版のメリットとデメリット

安全補償のあるビットフライヤー(無料)


安全保障がある取引所はビットフライヤーにお任せ

ビットフライヤーならFXも可能。
たった1分で登録完了し、ビットコインのFX売買したい方はビットフライヤ―にお任せ

ビットフライヤーへの登録は以下からどうぞ

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤー取引所の評判!手数料が高いのがデメリット