スポンサーリンク

「SBIVC(SBIバーチャルカレンシーズ)」とは、仮想通貨取引所のことです。
これまでに様々な仮想通貨取引所が登場していますが、SBIVCの強みは金融大手のSBIホールディングスが運営する仮想通貨取引所というところ。
改正資金決済法で、仮想通貨は「決済通貨」として国から認可されました。それによって、仮想通貨の信頼度がアップしたのと同時に、国への登録が義務付けられました。
施行は2017年4月1日からなので、記事執筆時点では1年も経っていない新しい法律です。

sbiバーチャルカレンシーズ

仮想通貨の世界に新しい風が吹き込んでいる中、登場したSBIVC。
元々実態のない通貨である仮想通貨に「信頼度」を期待する動きが出てきた中の「信頼できる」仮想通貨取引所ということで、非常に時代の流れに合っているといえます。
また、SBIホールディングスはリップルと繋がりが深いことで知られ、リップルの送金サービスを使用したシステム構築を目指していることも、SBIVCを含めた全体的な期待度へ繋がっています。
このプロジェクトに参加しているのは三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、新生銀行等。リップルも盛り上がっていますが、SBIホールディングスも仮想通貨の世界で注目の存在。SBIVCは目が離せない仮想通貨取引所なのです。

SBIVC SBIバーチャルカレンシーズの登録方法を大解説

気になるSBIVCは実はまだスタートしていません。
2017年9月29日に金融庁に仮想通貨取引所として登録され、記事執筆時点では、先行予約をしていた方のみ口座開設ができるようになっています。

気になるのはSBIVCの登録、口座開設ですが、現状まだ先行予約をしていた方しか口座開設ができていないので、今後一般の口座開設も全て同じ手順になるかはわかりませんが、現時点でわかっている限りSBIVCの口座開設には以下が必要です。

[WEB上で行う作業]
・自分のパスワード登録
・氏名、生年月日、住所等の本人情報を登録
・承諾系の電子書類の確認
・身分証の提出(WEBが難しい、抵抗がある場合は郵送も可能です)

[後日]
SBIVCの審査が通ったら自宅に書類が届き、登録完了

SBIVCのコンセプトは「ストレスフリーな仮想通貨取引」です。
まさにその体現の1つで、SBIVCの口座開設もスマホがあれば簡単にできるようになっています。

SBIの登録はまだ出来ないので、今のうちに他の仮想通貨取引所に登録したい方は下記におすすめの取引所をピックアップしました。

仮想通貨のもっとも分かりやすい取引所を揃えました。

初心者にも分かりやすい私がおすすめするビットコインの取引所は以下からどうぞ

口座はいつから開設可能?早期登録などはある?

SBIVCは近々スタートすることが正式発表されていて、公式サイトもそれなりに出来上がっているのですが、まだ、先行予約者以外が口座開設できるようにはなっていません。
それではいつから口座開設ができるようになるのか・・・と、いうと、残念ながら不明です。

スポンサーリンク

元々は2017年12月下旬からスタートする予定でした。
しかし、2017年12月22日にSBIVCの公式サイト上に口座開設申込受入体制強化のために「一般の口座開設受付を延期する」旨が掲載され、それ以降まだ情報が更新されていません。
延期はいつくらいに終わるのかということも記載がないので、不明となっています。

おそらく先行予約の申し込みが非常に盛況だったようなので、受入体制強化が必要という状況になったのだと思われますが、それと同時に、盛況だったからこそ熱が高まっているうちにスタートさせたいはずなので、長期間で延期になることは考えづらいと思われます。

SBIVC SBIバーチャルカレンシーズは開設の必要はある?他の取引所にはない大手の安心感

結論からいうと、SBIVCの口座は開設しておいたほうが良いです。
仮想通貨の取引をしないとしても、口座開設だけなら無料でできるので、開設して損はありません。

SBIホールディングスは、住信SBIネット銀行だけではなく、SBI証券、SBI FXトレード等、金融大手で成長著しい組織で、安心感は抜群です。
他の仮想通貨取引所も、もちろん安全で安心できるところはありますが、運営会社については「聞いたことがない会社」ということも多く、特に仮想通貨初心者の方には不安に感じられることがありがちでした。
その点、SBIグループの看板は本当に強いと思います。

仮想通貨に興味があるなら、とにかく誰でもSBIVCの口座開設はおすすめしますが、その中でも特にSBIVCの口座開設をおすすめしたいのは、リップルに興味がある方です。
SBIVCで取り扱うのは「ビットコイン」「ビットコインキャッシュ」「リップル」の3種類(※今後増える可能性があります)
仮想通貨は現在、900種類以上の銘柄があるといわれています。その中で厳選された安心の銘柄。SBIホールディングスが選んだ仮想通貨なので、安心感は抜群。手堅い仮想通貨で仮想通貨取引を考えていきたい方は、要注目です。

そしてもう1つ、押さえておきたいポイントですが、仮想通貨は一律ではなく仮想通貨取引によって取引金額が違います。できれば複数の仮想通貨取引で口座を開設して、実際に投資を行う際、最も自分にメリットがある仮想通貨取引を選択するのがベストです。選択肢の1つとしてSBIVCを入れておくのが無難です。

現行の取引所にあるデメリット。sbiバーチャルカレンシーズに寄せられる期待感

SBIVCには現行の仮想通貨取引所のネックを改善する期待もされています。
現行の仮想通貨取引所のネックで、よく挙がるものは以下の内容です。

・仮想通貨人気によりアクセス集中でサーバーダウン
・サーバーが重く最新情報のチェックがしづらいことがある
・仮想通貨取引の需要拡大による送金の遅延
※上記は頻繁に起こるものではありませんが、珍しくはありません。

投資は株、FX、不動産と様々な種類がありますが、仮想通貨は最近急激に頭角を現している分野になります。
仮想通貨取引所はこれまで以上のアクセス数が集中するようになり、新規の参入により取引の量も確実に増えています。
その結果、場合によっては上記のような不具合が発生することがあるのです。
これから登場するSBIVCは、それらの点も改善を目指して登場するのです。

ビットコイン以外に扱うアルトコインは決まってるの?

先ほども記載しましたが、SBIVCの扱う銘柄は以下の3種類を予定しています。

・ビットコイン
・ビットコインキャッシュ
・リップル

まずはたったの3種類からスタート予定ということになりますが、今後増えていく可能性は充分あると思います。

上記の3種類は、仮想通貨の世界でも人気の3種類です。
特にリップルは、2017年に突然頭角を現し高騰しました。高騰後、暴落はせず現在は比較的ゆるやかなペースで落ち着いています。
アップダウンが少ないからこそ、多くの方々が期待する銘柄に昇りつめ、イーサリアムを抜いて人気仮想通貨1位も獲得しています。

もちろんビットコインの人気もいわずもがな。

そしてビットコインを改良して開発されたビットコインキャッシュももちろん人気です。

安定の3銘柄は仮想通貨取引をするなら確実に毎日チェックしておきたい存在です。

スポンサーリンク

仮想通貨女子

下記で紹介している取引所は全て無料で登録出来ます。
もちろん全て私が使用している取引所のみを紹介してます。


手数料の安いビットバンク(無料)


リップルの手数料のキャンペーン中手数料の安い取引所ならビットバンク

ビットバンクは仮想通貨の上場も多く、手数料も安い取引所です
たった1分で登録完了手数料を安く仮想通貨売買をが多い方におすすめの取引所です


bitbank


ビットバンクの口座開設方法と登録方法について大解説

FX手数料の安い取引所GMOコイン(無料)


FX取引をするならスプレッド手数料の安いGMOコインにしましょう。

GMOコインはFXのチャートが見やすいのも特徴で、アプリが使用しやすいです。
たった1分で登録完了スマホでFX仮想通貨売買をが多い方におすすめの取引所です



仮想通貨販売所でFXをやるならGMOコインがおすすめ

海外の仮想通貨なら日本語対応のあるbinance(無料)


binance
海外の仮想通貨取引所は日本語サポートも行っているbinanceにしましょう

binanceであれば日本にはない仮想通貨も購入する事が出来ます
たった1分で登録完了し、海外の仮想通貨売買をしたい方はbinance



中国の仮想通貨取引所 Binance (バイナンス)の口座開設方法とと登録方法を解説

海外仮想通貨のFXはbitmex(無料)


bitmex
BITMEXはハイレバで仮想通貨FXが出来る仮想通貨取引所です

追証なしでハイレバFXが可能な事が魅力です
たった1分で登録完了し、追証なしの安全な海外FXを楽しみたい方はBITMEX



bitmexの登録方法と使い方。レバレッジかけられるけど追証はなし!