スポンサーリンク

仮想通貨をはじめようとしている主婦
仮想通貨に限らず、投資をするのは専門的な知識をつけている必要がある。そんなイメージがありませんか?
たしかに取引をするためには新しく覚えることがたくさんあったり、タイミングを読む必要があります。
しかし仮想通貨取引は少額から始められる上に、実際にそこまでハードルが高くい方法ではないことが分かると思います。

仮想通貨はfxや株経験者・未経験者でも参入しやすい

仮想通貨は、データとしてネットワークに存在する概念です。
決済手段として通貨のように使えたり、企業が行うビジネスに投資するという株券のような側面もあります。
これはFXや株の取引と似ているところがあるんですね。
実際に仮想通貨取引所を運営する企業には、証券会社やFX投資会社を経営しているところも少なからずあります。テクニカル分析やレバレッジをかけた取引などハイレベルな取引もできるので、FXからユーザーが流れている面もあります。

しかしその一方で1000円ほどの少額から取引できたり、SNSで情報収集ができたりとこれまで投資をしたことのない人でも参入しやすいのが仮想通貨の魅力です。

空いている時間がある主婦や学生は仮想通貨やビットコインの調査がしやすく買いやすい

近年、仮想通貨取引によって多額の利益を得たいわゆる「億り人」と呼ばれる人が続々と誕生しています。
ちなみアメリカではこういった人の事をビットコイン・ジーザスと呼びます。
こういった最近の億万長者はいたって普通の人であることが多く、あらゆる人にチャンスがあることを示しています。
たとえば専業主婦や大学生などで、日中時間がある人はインターネットを使って情報を集めることができるので取引をするために準備ができるのは有利だとも言えます。
仮想通貨にはビットコインだけでなくまだこれから成長するとみられる銘柄が多く存在しており、それらに投資をするかどうか決めるためにはどれだけ多くの情報を持っているかにかかる部分が多いからです。
さらに人が少ない日中は海外相場の影響を受けやすいためタイミングを掴めばお得に仮想通貨取引ができるかもしれませんし、マイニング(新規通貨の採掘作業)などに充てられる時間も作れます。
つまり、専業主婦や学生は自由に使える時間が多い分有望な銘柄を青田買いできる可能性を秘めていると言えるでしょう。

今、現在の仮想通貨の値動きは上昇気流にある

先日1BTC=200万円を超えたことが大きな話題になりました。

このニュースを見てもビットコインはもともと人気があったんでしょ?という人もいますが、2017年の初めには10万円にも満たなかったことはあまり知られていません。当時はそこまで知名度もなかったので当然かもしれませんね。

スポンサーリンク

現在の仮想通貨の状況を一過性のバブルと評する部分もあります。本当にそうでしょうか?
2018年はあらゆる仮想通貨が実用化される予定です。その規模も大きいもので、リップルを使った送金システムが国際的に開始したり、NEMのブロックチェーンを使ったmijinというシステムの本格運用が始まることで、今後仮想通貨界はもっと活気を得ると予想できます。
来年以降、少なくとも国際的なイベントが続く2020年までは仮想通貨の上昇が続くと、多くの経済アナリストがインタビューなどで答えています。
アルトコイン全体は価格が上がって来ていますが、先ほど例として挙げたリップルやネムはまだ買いやすい値段のためこれから投資を行う人にお勧めと言えます。

リップルの買い方と手順、購入するのは取引所がベスト!最小単位はこれだ!

ネムの買い方を完全解説。コンビニでも買える日本の取引所

もしも仮想通貨やビットコインが下がってもガチホがおすすめ

仮想通貨の情報を掲載したサイトやブログの記事の中で「ガチホ」というフレーズを目にしたことはありませんか?
これはガチガチのホルダーという言葉を略して、相場が上がろうが下がろうが売りに出さない投資家という意味です。短期トレーダーとは反対の意味ですね。

1日にこまめに売買して利益を得る方法もありますが、手数料がかかったり短期間の相場に振り回されるというデメリットもあります。
ビットコインの場合は来年初旬あたりまで分裂が続く予定で、それらがすべて行われればより高値をマークする可能性も高いです。
他のアルトコインもどんどんアップデートしたり、企業間のビジネスで実用化され仮想通貨全体が上昇していくと見られているので、それらの情報収集を続けながら長期間「ガチホ」しているのがいいでしょう。

仮想通貨が儲かってきたら注意しなくちゃいけない事

もしも仮想通貨取引がうまくいって利益を生み出せるようになったら、利益確定のタイミングには気を付けてください。
というのも、仮想通貨取引によって得られた利益は法律上雑所得として区分されるからです。ここで注意したいのは売却額ではなく、元金や手数料などを差し引いた売却によって得られた利益にのみ課税されます。
課税対象となるタイミングは利益確定で売却した瞬間と定義されています。会社員など、給与を得ている人は年間20万円までは確定申告をする必要はありません。

では専業主婦や学生などの被扶養者と呼ばれる人はどうなんでしょうか?
よく103万円以内であれば課税されないと思っている人もいますが、それは基礎控除38万円と給与所得65万円を合わせた金額なので厳密には異なります。

所得税の課税対象となるのは年間所得が38万円以下の場合です。仮想通関取引は雑所得として区分されるため、被扶養者が年間38万円以下であれば特別申告する義務はありません。
確定申告などが面倒な場合は利益確定のタイミングなどを慎重に考えて行いましょう。

バイトなどで給与をもらっていても

65万円以下であれば申告の必要はありません。

それよりも多い金額の利益を得る予定がある場合は、事前に扶養者である保護者や税務署に相談することをお勧めします。

あくまで生活に支障が出るようなお金を入れ込まない。余剰資金で行う

仮想通貨に限らずあらゆる投資に対して言えることですが、慣れない内から多額の資金を投入するのはやめておきましょう。
暴落する危険性があるのはもちろん、多くの金額を投資してしまうと、少しの変動でも冷静さを保つことができずに売買を繰り返してしまっていわゆる手数料貧乏になる可能性があります。
そのためあくまでも余剰資金として、取引に慣れて感覚をつかむまでは無くなっても惜しくないようなお小遣い程度の金額から始めるといいかもしれません。

スポンサーリンク

仮想通貨女子

下記で紹介している取引所は全て無料で登録出来ます。
もちろん全て私が使用している取引所のみを紹介してます。


手数料の安いビットバンク(無料)


リップルの手数料のキャンペーン中手数料の安い取引所ならビットバンク

ビットバンクは仮想通貨の上場も多く、手数料も安い取引所です
たった1分で登録完了手数料を安く仮想通貨売買をが多い方におすすめの取引所です


bitbank


ビットバンクの口座開設方法と登録方法について大解説

FX手数料の安い取引所GMOコイン(無料)


FX取引をするならスプレッド手数料の安いGMOコインにしましょう。

GMOコインはFXのチャートが見やすいのも特徴で、アプリが使用しやすいです。
たった1分で登録完了スマホでFX仮想通貨売買をが多い方におすすめの取引所です



仮想通貨販売所でFXをやるならGMOコインがおすすめ

海外の仮想通貨なら日本語対応のあるbinance(無料)


binance
海外の仮想通貨取引所は日本語サポートも行っているbinanceにしましょう

binanceであれば日本にはない仮想通貨も購入する事が出来ます
たった1分で登録完了し、海外の仮想通貨売買をしたい方はbinance



中国の仮想通貨取引所 Binance (バイナンス)の口座開設方法とと登録方法を解説

海外仮想通貨のFXはbitmex(無料)


bitmex
BITMEXはハイレバで仮想通貨FXが出来る仮想通貨取引所です

追証なしでハイレバFXが可能な事が魅力です
たった1分で登録完了し、追証なしの安全な海外FXを楽しみたい方はBITMEX



bitmexの登録方法と使い方。レバレッジかけられるけど追証はなし!